■ 概要

 様々な国で販売されているVMAX 
 その違いを「日本仕様」と「米国仕様」「その他海外」に分けて記載します。

□ 見出し

■ 仕様比較

ico_jpn.gif 日本仕様

エンジン出力

排気音量

  • 加速騒音規制値:73dB(A)

マフラー

  • 排気口小(二重)
  • 内部パイプ細い。高い排圧に対応する為しきり板があり、この板の溶接跡のカバーとして外側にプレートがリベット留めされている。

排気チャンバー

  • 内部に円錐状のバッフルあり。
  • マフラーとの接合部(及びEXUP取り付け部)の径がアメリカ仕様に比べ細い。

ECU

フレーム・足回り

  • リアアクスルギア研磨(歯研)
  • フレーム内に発泡ウレタンを充填。

外装・他

  • エンブレムはヤマハ音叉マーク
  • ウインカー小径(シングルバルブ)
  • パッシングスイッチ
  • ヘルメットホルダー(ワイヤー)

購入関連

  • 特定のVMAX取扱店からのみ購入可能。
  • ヤマハの保証制度付。

年式(モデル)による違い

  • 2009
    • 車体色:黒(ブラックメタリックM)
  • 2010
  • 2011
  • 2012
    • 車体色:ツヤ消し黒(マットブラック2)
      • サイドカバー色:チタン色→エアインテーク同様のバフクリアに
  • 2013
    • 車体色:ツヤ消し灰色(マットグレーメタリック3)
  • 2014
  • 2015
    • 車体色:ダークチェリー(ベリーダークレッドメタリック2)
    • ※前マットグレーも継続販売
  • 2016
    • 車体色:ブルー(ダークパープリッシュブルーメタリックL)
  • 2016(60thアニバーサリーモデル:予約販売)
    • 車体色:黒(ヤマハブラック)
      • タンク・フェンダーに黄色のストロボライン(スピードブロック)
      • 各部をマットブラック塗装
  • 2017
    • ※前ブルーを継続販売(最終バージョン)

ico_usa.gif アメリカ仕様(日本仕様と異なる箇所)

エンジン出力

  • 147.2kW(200PS≒197HP) /9,000rpm
  • (17kgf-m) /6,500rpm

マフラー

  • 排気口大(一重)

ECU

  • 222km/h(138mil/h)リミッター付、イモビライザーなし。
  • 日本仕様とは接続コネクタに違いあり。

外装・他

  • エンブレムはスターマーク(STAR YAMAHAブランド)
  • ウインカー大径(フロントはWバルブ・ポジション灯付)
  • サイドリフレクタ付

購入関連

  • 自社輸入している業者からのみ購入可能(ヤマハでは扱っていない)
  • 保証は輸入業者に依存

年式(モデル)による違い

  • 2008
    • 車体色:日本同様
  • 2009
  • 2010
    • 車体色:赤(Candy Red)
  • 2011
    • 車体色:グレー(Granite Gray)
  • 2012
    • 車体色:つや消し黒(matte black)←確認中
  • 2013
    • 車体色:紫(Nebulous Purple)
  • 2014
    • 車体色:つや消しグレー(matte grey)
  • 2015

アメリカ以外の海外仕様

エンジン出力

  • アメリカ仕様に準ずる
  • 但しフランスに100PS(106PS?)仕様ありとのこと。

その他海外仕様

  • アメリカ仕様に準ずる
  • オーストラリア(ニュージーランド)からの日本輸入あり。

各国向けモデルナンバー

モデルナンバー一覧

  • 2S31 アメリカ・北米一般
  • 2S32 カリフォルニア
  • 2S33 ?
  • 2S34 ?
  • 2S35 ヨーロッパ(EU)
  • 2S36 オーストラリア・ニュージーランド
  • 2S37 日本

■ その他

日本仕様をアメリカ仕様と同様にするには

  • ECUのアメリカ仕様(もしくは同等品)への交換。ECUへの配線が異なる為、車体側コネクタのピン入替が必要。
  • 排気チャンバーのアメリカ仕様(もしくは同等品)への交換、もしくは内部バッフルの撤去及びサイレンサー接合部の径拡大。
  • サイレンサーのアメリカ仕様(もしくは同等品)への交換、もしくは内部パイプの径拡大・形状変更。
  • EXUP取り付け部のエキパイ径拡大。

日本仕様にアメリカ仕様用R-ECUを取り付けるには

  • ECUへの配線が異なる為、車体側コネクタのピン入替が必要。
  • R-ECUのみの交換は薦められない。排気圧が大幅に増大する為日本仕様のマフラーでは内部抵抗が上がりすぎる恐れがある。アメリカ仕様同等品への排気系変更が望ましい。  

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-01 (水) 09:36:42 (533d)