■春夏秋冬バイク紀行・特別編

 

のんびり千葉県放浪記、の2


知らない名所はまだまだ沢山

 

<2018年3月>

2日目も走ります

 「飲んだ次の日は早く目覚めてしまうのが定番です」 (起きられない時は大抵二日酔い)

 今日はすっきりさっぱり6時起床。
 窓の外は見事な青空。朝食にと昨夜買っておいたパンをもりもりと食う。

 荷物をまとめての出発は8時半。今日は海を見に外房まで出かけるのだよ!


今日も走りましょう

 昨日同様、オフ車3台で東へ走る。

 気温は高い。昨日と同じ格好だとうっすら汗をかくほどで、Gパン下に履いたタイツを邪魔に感じてしまう。

 んじゃま、冬ジャケの胸元をあけて風をとおして……っと。

 先頭のODEONさん。今日は俺同様GoogleMAP(のナビ機能)を使ってみるとのことだった。

 但しスマホ画面が見られない(ホルダー無し)ので、Bluetooth接続の音声のみ。
 なるほど、だから時々変な道へと入って(略)

 コンビニ休憩の後、給油。
 これで帰宅までGSに寄る必要は無し。ああ長航続距離万歳。


この気温にはやっぱアイスコーヒーでしょ!

 房総半島を横断し、九十九里浜へと出たら、適当なところで海沿いを覗きに行く。

 「おー、サーファーさんが一杯いるわ〜」

 防波堤とか堤防とかが新しいけれど、やっぱ大震災後の補修なんだろうな。

 堤防内側の砂地を嬉々として走るオフ車3台。あー海風が気持ち良い〜


天気晴朗なれど波そこそこ


オフ車で良かった……

 第一目標地点、飯岡刑部岬展望台

 ちなみに刑部は「ぎょうぶ」と読むそうな。栃木県には同じ漢字で「おさかべ」って読む地方があるんだけどね。

 よいしょよいしょと階段を上って屋上から海を眺める。

 見晴らしはごく良い。今日のような青空だと海との対比が美しい。

 眺める海の向こうでは、海岸からそこそこ離れた場所で大型の船がなにやら浚渫中のよう。何か作ってるのかな?でも海の中なんだよな。


展望台


見晴らし良し


「ちばてつやが育った町」ということで、ジョーっぽくないジョーと、ちょっとだけ力石っぽい力石


 お昼は昼飯は近くの海鮮処。

 団体客の予約があったようだけれど、3人なのでさくっと入れた。

 オーダーはイワシのヅケ丼を定食で。

 わしわしと食べている最中、その予約の団体さんがバスでやってきた。

 外国の団体では?との予想に反して全員日本人(そして高年齢)
 観光の途中なんだろうけれど、目的地はどのあたりなんだろう?
※付近に思い当たる箇所無し。


おいしゅうございました。(肝心のイワシが海苔に隠れちゃってるけど)

 ★

 次の目的地、屏風ケ浦……が見える銚子マリーナはすぐ近くだった。

 駐車場へと入っていくと結構な人出。
 近くの大学で卒業式でもあったのだろうか、その手の格好(?)をした若人が大勢歩いていた。

 屏風ケ浦というのは「東洋のドーバー」とも呼ばれる著名な景勝地の崖とのこと。
 迫力ある景色からTV番組のロケ地としてもしばしば使われるとか。ふうん、全然知らなかったわ。

 オフ車を停めて崖を眺めて。

 以前はもっと崖の近くまで寄れたそう。
 今ももちろんオフ車でなら行けるのだけれど、「物理的には行けるが倫理的にどうか」と(略)


切り立った崖が延々と


記念撮影(に映りこむ人影)


ここでSEROWサイトの新しいトップ画を!と意気込んだんだけど失敗
(角度とか光線とか草とか)

 ここから海の中に見えたのが大きな風車。

 どうやら海上での風力発電施設のよう。するとさっき展望台から見えた浚渫も、この手の風車の工事だったのかもしれない。


 それっと出発し、最後のスポットは犬吠埼灯台。さすがにここには来たことがありますよっと。

 有名観光地だけに混雑はしていたけれど、ずいぶん土産物屋が減ったような。特に食べ物屋の類がね。

 更に上がってきた気温に、冬ジャケ姿の我々は日影に避難する。

 ここで土産に買ったのは濡れ煎餅。もちろん銚子電気鉄道のアレである。


青い空に白い灯台が映えること

 太陽が西へ傾き時刻は14時過ぎというあたり。んじゃこの辺りで解散にしますか、となる。

 haruさんとはここでお別れ。お疲れ様でした、また遊んでくださいな。

 しばしODEONさんと一緒に利根川沿いを北上し、こちらは鹿島辺りでお別れとなる。んじゃま、次は栃木の林道でですかね。

 あとは自宅を目指して一気走り……はせずに、気になっていた北浦付近を覗きながら走る。
 いや、この辺りにも走りやすそうな自転車道がねぇ……

 休憩に寄ったセイコーマート(北海道以外では茨城県くらいにしかない)で「しっとり豆パン」の取得に成功。
 うは、関東で買えたの初めてだわ。
※製造場所はちゃんと札幌だった。


しっとり豆パンとグランディアブラックのゴールデンコンビ


 北浦から笠間市、そして栃木県内へ。今度こそ自宅まで一気に走る。

 帰宅は18時前。

 よーし、お疲れお疲れ。そんなに汚れはしなかったし、洗車はとりあえず明日以降なー
#と、ビールを取りに走る。


今日の走行距離:260km 給油回数:2回
今日の教訓:やっぱ北関東は日が傾くと涼しいわ。

総括

 というわけで、「1泊2日のオフ車で千葉」はダートこそ少なかったものの充分に楽しめましたとさ。

 誘ってくれた・案内してくれたODEONさん、haruさんには感謝感謝。また遊んでくださいまし。

 そして帰り道で、あちこちに新しい高速道路のインターが出来ていることに気づかされたり。

 考えてみれば今は東京通らずに千葉まで高速で行けちゃうんですよねぇ。セローはともかく、VMAXでなら意外に近く感じるかも。


2日間のルート(栃木県を除く)


今日の走行距離:590km 給油回数:3回
今日の教訓:栃木の山をバリバリ走れるようになるのは何時かな〜

 ←PREV   
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る