■春夏秋冬バイク紀行・特別編

 

2017北海道原点回帰ツーリング記、の8


最後に差し入れてもらった限定版の画像でも

 

<2017年8月18日>

帰りましょう

 朝9時、新潟港着。

 「外は……雨か」 まぁでも今日は(略)

 ごそごそと合羽を着込んで船を降りる。

 いつもは早朝着の小樽便。これだと道路に混雑は少ないのだけれど、今日は金曜日でかつ通勤時間帯(?)
 慣れぬラッシュに巻き込まれ、ぼーっと走っていて道を間違ってしまう。
 おいおい、俺はいった何回走ってるんだこの道を。


 もちろん帰りはさくっと高速。新潟亀田ICから乗り込んでえっほえっほと走る。

 磐越道では90km/hで走るトラックを見つけて先導してもらう。これだと後ろを心配する(追い越させる)必要がないので気が楽だ。
 そして真夏の雨の中のセローは、水しぶきでエンジンが冷やされて意外に快調だったりするんだよな。

 これまた金曜日(お盆のUターンラッシュまでには間がある)なので、混雑の少ない東北道。
 お馴染み安積PAでの昼食は生姜焼き定食的なもの、&給油。

 そして出際にヘッドライトのロービームが切れていることに気づいたけれど、日中だから実害なし。
※夜だったら大騒ぎだったよな

 ちょっとだけ那須高原SAに寄って、塩原辺りで雨が上がって。
 あとは一気に自宅まで。

 帰宅は14時という辺り。

 荷物を下ろし、ガレージにセローを突っ込んで、乾燥にと開けられるところを全部開けておく。

 洗車は明日!整備も明日以降!まずはビールと洗濯だ!


 

<総括>

天候ハーフ&ハーフ

 というわけで、今年も無事故無検挙無転倒で帰ってくることができました。(ぱちぱち)

 前半の天候が残念でしたが、直前の天気予報に比べればマシだったと言えるかも。
 中盤以降は晴れたし、何より知床の観光日がマッ晴れだったので勘弁してやることにしましょう。

 テーマにしていた「原点回帰」もまぁまぁだったかな。再訪した場所と共に、念願だった能取岬へも行けたのが嬉しかったです。

 セローも特にトラブルなし。

 さすがにパワーは落ちていて荷物満載でのヒルクライムはちょい厳しめですが、なんとかもう少しは頑張れそうです。


 さて、これで8月の一大イベントが無事終了。

 やっと一息……つく間もなく、9月10月とイベント続きなのでまだまだ気が抜けませんよ!

 ★


久しぶりに複数本買ったホクレン旗
「面白いよなぁ、道東メインで出かけたのに、道東旗(緑)だけ無いんだものなぁ」
(ま、無理に給油することもないし(笑))


総走行距離:約1,820km (うち北海道で1,240km) 総給油回数:10回
今回の教訓:1日300km目安だとやっぱ楽だわ、たとえ雨が降ってても(笑)

 ←PREV  
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る