■春夏秋冬バイク紀行・特別編

 

2017北海道原点回帰ツーリング記、の6


晴天万歳

 

<2017年8月16日>

念願がかないます

 「お前が乗ってきたのはこのCRFラリーか、それともこちらのV-Stromeか?」
 『いいえ、私が乗ってきたのは6万km越えの225セローです』
 「正直なおっさんよ、お前にはこの出力24ps車重120kg航続距離400kmの新型セローを授けよう」

 そんな夢から目覚めたのが午前5時半。
 うん、このまま朝食を待つには時間がありすぎる。ちょいと散歩でもしてこようか。


早朝の山が素敵な雰囲気で


 宿のスリッパを履いて歩き出す。
 空は晴天。昨日もかくやという上天気で、今はまだ涼しいがきっと日中は暑くなるだろう。

 こんな早朝からウトロの漁港には大勢の釣り人が。

 「何が釣れるんですか?」と聞くと「コマイだね」とのこと。
 ふうん、そうかコマイかぁ (←知らない)


釣りをする人散歩する人

 漁港の先にあったのが、見上げるばかりの大岩だ。

 そうだ、これオロンコ岩っていって、階段で上まで登れるんだよな。


それはもうずどーんと


高さ80mあるんですね

……と、登り口まで行ったものの、意外に急な階段の前で躊躇する。

 「足元もスリッパだしな」と思っていたら上から3人の家族連れが降りてきた。小さな女の子はまだ学校に上がる前だろう、うん、あんな子が上がれるならスリッパでも平気かも。

 お父さんから「上まで10分くらいですかね?」というアドバイスをいただいて歩き出す。うー、でもやっぱ急だわー


 ヒーヒー言いながらも、頂上までは意外に早くついた。

 ぐるり一周して風景を楽しむ。草ぼうぼうではあるけれど、朝なので虫が少なくなにより。


頂上


見晴らしよし


細い周回路が


朝の散歩も良いものですな

 宿へと戻り、朝食を頂き、出発の準備が整ったのが8:30というあたり。

 「よーし、今日は道央へ向かうぞー」

 セロー発進。
 空が青い。海も青い。風が心地良い。もちろんピースサインもばんばん来る。「あー気持ち良いわー」

 と、国道にかかる橋の上に何人かの見物客が。
 「あ、これはもしや」

 セローを停めて下を覗くと、鮭がうようよと遡上していましたとさ。


オンネベツ川


凄い凄い

※この先も太平洋側の川のそこここで同じような遡上&それを見物する人々を見ることができた。
 一昨年のお盆には影も形もなかったから、年によって時期がかなり異なるのかも。


 晴天に撮影を繰り返す。

 特に青い海優先で。なんてったって海沿いは今日の午前中までなんだし。


とかうきうきやってたら


同じようなライダーが入ってきたので撮っていただいたり


 道東的風景も押さえながら、9:30am、やむべつ駅。

 ずっと国道では面白くない。ここから線路沿いに走るのさ。


道東的な奴



 R244に出るまで、実に気持ち良く走ることができた。
 何度か走った道だけど、やっぱ天気の良い日は格別だわ。


 網走市街を抜けて、第一目的地へのT字路を曲がる。
 「やっと、やっと来たぞ〜、能取岬ぃ〜」

 来るなら晴れてる時!と決めてチャレンジ3回、ことごとく雨でスルーし続けていたのがこの場所なのだ。
 トヨタのCMままの景色が目の前に広がる。うん、やっぱここは今日みたいな晴天の時にこなきゃだな!


エントリー路


見晴らし最高


灯台は補修中でした


映画とかドラマとかの碑

 たっぷり堪能して出発し、能取湖を回りこむ途中、良さげな脇道を発見しセローを突っ込ませる。

 砂が深くておっとっととなったけど、その分景色がよくて満足。


海と湖の間ってのは狙い目なんですよ


ほらね。


 11:30、給油してめまんべつ空港

 この辺りにひまわり園があると聞いてやってきたのだけれど見つからず。

 該当する場所は更地になっていたから、今年は植えなかったのか刈り取られた後なのか。
 まぁいいや、せっかく来たし、空港の周りのダートで遊んでいこう


未舗装路には困りません

 昼食は地元向けの食堂で豚丼を頂く。シンプルでよし。

 「さあ行くどー」と、旭川紋別自動車道(無料)へ。

 14:15、しらたきPAは何度も寄った場所。でも、「あれ?こんな雰囲気だったっけ?」

 なんとなくパっとしていない、以前はもっと華やかだった気がする。
 施設が縮小されたのだろうか?食堂もコンパクトになり、以前文句言いながら食べたとうもろこしを買った出店も閉鎖されている。
 駐車場には相応数の車が停まっているのだけれど、どことなくひっそりと感じられたのは気のせいだろうか。
 高速ができて一般道沿いが寂れるってのはよく聞く話だけれど、ここはPA(予定)なんだけどな。


 愛別で高速を降りて給油。

 あとは途中寄るべき場所もないので、GoogleMAP様ご推薦のルートを通って美瑛まで走る。
 おお、なるほどなるほど、旭川の街中抜けて行くより大分早いわ。

 美瑛

 丘を軽く一周して雰囲気を楽しむ。うん、ここ走るならやっぱ小回りの利くオフ車が一番だな。


セブンスター的なアレ


♪丘を越え、行こうよ

 そうだと思いつき、一度も寄ったことのない北西の丘展望公園へ向かってみる。

 人出はそこそこ、観光バスに乗ってやってくる海外からのお客様多し。

 階段を上り、展望台から丘を眺める。


そういえば登ったことなかったなと


土産もの屋併設


見晴らし良好

 下にひまわり畑があったので先のめまんべつの代わりに見て回り、売店に茹でた「白いとうもろこし」(生でも甘いという奴)があったので買ってみる。
 「うん、確かに美味しいけど、この値段なら俺はセイコマの奴2本買う方を選ぶな」 (1本400円也)

※帰り際の公衆トイレ。
 サンドイッチマンの伊達氏みたいなゴツいおっさん(眼鏡込み)が、隣の便器を流さず走り去った若者に舌打ちしながら代わりにボタンを押していた。おっさんGJ。


 「よし、今日も良く遊んだ!」と出発。

 今日の宿のある上富良野まではあっという間だった。

 ここで同じく北海道ツーリング中の3氏と落ち合う。
 北海道での最後の夜は、例によってビールを飲みながらの大騒ぎで過ぎていった。


途中のかんのファームもこれだけ天気が良いと実に鮮やか

 ★


今日のルート


今日の走行距離:420km 給油回数:2回
今日の教訓:しまった!400km越えちゃった!

 ←PREV    NEXT→ 
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る