■春夏秋冬バイク紀行・特別編

 

伊勢・剣山オフオフツーリング、の0


まぁ実際のオフロードは50kmほどでしたけどね

 

<2017年5月>

半年前から騒いでました

 2017のゴールデンウィーク、セローで四国へ出かけることはかなり早くから決まっていた。

 前年、VMAXな連中で集まった際に「オフロードも楽しいよね」「皆セカンドでオフ車持ってるしね」「んじゃ一度四国あたりで」と盛り上がったのだ。

#そういえば前回四国へ行ってからもう7年か……そしてセローがうちへ来てからもう10年以上経つのか……(しみじみ)

 この飲みながらのわいわい話で2017年ゴールデンウィークの剣山オフロードツーリングが決定する。
 いや、したんだけどさ……

 さて、今回のマスツーリングは、当然のように現地集合現地解散

 「人は大人になるほど他人に時間を合わせるのが難しくなっていくのだよ、はっはっは。」
#ってかそもそも参加者が全国に散らばりすぎてるからなー

 だから四国(徳島県)までは一人旅。ツーリングの計画はいつものとおり練ることにする。

 5度目となる四国行き。まずはとにもかくにもフェリーの予約。
 「なるほど、東京〜徳島間のオーシャン東九フェリーは、北海道への新日本海フェリーと違って予約は1ヶ月前からなのか」
#以前からそうだったっけ?あんまり覚えていないんだけど。(←前フリ)

 なら慌てることはないかとおっとり構えて4月になって、いざその予約開始日がきてWEB予約画面を開いてみると……

 「うわーっ!運休日なんて聞いてないぞぉっ!

 なんと、往路に予定していた日は、東京からのフェリーの運行が無かったのだ。

 曜日毎の出航予定は意識していたけれど、まさかゴールデンウィーク中に臨時運休があるとは思わなかった。
 どうやら船のメンテナンス日らしいが、これは完全に想定外。
 「油断したー!5月の運行カレンダーなんてどうせ4月と同じだろ?って確認しておかなかったんだよな……」

 "だからその日は休みだっつってんだろ!"の表示が出たPCの前でうーむと頭を抱えてしまう。

 どうしようか?いや、どうしようも何も、フェリーに乗れない以上自走で行くしかないのだけれど。


 栃木の自宅から徳島まで、ざっくり測って800km

 VMAXならいざしらず、セローでこの距離を一気に走ると尻が割れてしまうことは間違いない。

 しかもセローは高速道路が大の苦手。エンジンにも無理をさせることになるし、メインである林道の為にも余力を残しておきたいところだ。
※エンジン、人の両方にね。

 唯一の救いは、万が一に備え(フェリー満員とかね)宿を仮押さえしてあったこと。だから無理に一気走りする必要は無い。

 「よし、なら行きは二日かけて自走だ!そして途中での観光も考えよう!せっかくなかなか走ら(れ)ないルートを通るわけだからな!」
※これはポジティブシンキングというよりはひらきなおり。

 数日後、帰りのフェリーはちゃんと取れて心から安堵する。

 改めて立てたスケジュールは、行きに2日間(自走)、四国で2日間、帰りに1.5日間(フェリー)の約6日となった。

 出発までの約1ヶ月、久しぶりのロングロングタイムアゴーインナギャラクシーツーリングなので念入りに準備を行う。

 セロー本体は問題なし。エンジン快調、タイヤ新品、フロントサスOH済み、オイル交換したばかり。

 今回は先に作った「ロングツーリング用ホムセン箱」のデビュー戦でもある。

 一応実走テストは済ませてあるけど、これまでの例をみるにデビュー時にはいろいろとトラブルが予想される。
 向こうではオフロードも走ることだし、サポート用品の類は多めに準備しておこう。

 そして心配なのは現地の天候。

 今のところ悪くない天気予報ではあるけれど、集まるメンバーを考えるとあまり期待は持てそうにない。(もう説明しない&達観)
 とりあえず雨具の類は万全にしておこう。

 「よ〜し、これでOK!さあ来るなら来い!」 (何がだよ)


当日までの教訓:油断大敵雨霰

 NEXT→   
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る