■春夏秋冬バイク紀行・特別編

 

2016北海道ツーリング・二島二過記

<7>


♪じん・じん・ジンギスカーンっ♪(昭和)

 

<2016年8月17日>

雨!雨ったら雨!

 6:00am起床。
 外は雨。土砂降りとか豪雨とまではいかないが、本降りの雨である。

 TVの天気予報によれば、今日、台風7号は予測どおり北海道を直撃するらしい。(しかもどうやら今居るまさにこの場所の真上あたりを)

 それでも動きが早まったらしく、今日中には通過してしまうかも?とか。
 「うーん、そうすると明日は合羽着ずに走れるかな…」(さあどうでしょう)

 時間と共に雨は次第に激しくなった。

 「林道ツーリング」などという言葉は既にまったく頭に浮かばなかった。有志3名による必需品の買出し(主としてビール)を済ませたあとはコテージの中でごろごろして過ごす。
 ま、これも誘われた時点である程度は(略)


 昼前。
 施設の洗濯室に出かけたメンバーから、「他の客から、アキラさんが泊まってませんか?って聞かれたんだけど」と言われてびっくりする。

 なんと、去年フェリーで一緒になったセロー氏が別のコテージに宿泊しているらしい。俺のセローを見て気づかれたとのことだ。
 それではと挨拶に出かけて立ち話。いや、まあさすがに今日は出かけられませんって。

 昼は施設内でジンギスカン
 ここ、この時期は混みあう施設だそうなのだけれど、さすがに台風直撃となるとキャンセルが続出したらしい。
 ジンギスカンの客も我々のみ、よーし、これなら騒ぎ放題だぁ!(をい)


貸し切りダーっ!


そしてカウンターにこんなおもちゃが置いてあったので……


「なんじゃこりゃーっ!」【酔】


 風雨は益々強くなった。

 日が暮れる頃には土砂降りの豪雨となり、一時は停電まで起こるほど。なんと自治体から自主避難のエリアメールまで送られてきた。

 いやあ、確かにこれは酷い天気だわ。
 でも考え方を変えれば、一番酷い時を過ごすのに一番良い宿に泊まれたんだよな。(ポジティブ略)

 昼のジンギスカンを食べすぎ&飲みすぎたので、夕食は21時過ぎ。
 腹が減らねぇと言いながら、また動けなくなるほど食べる面々。いったい我々は何歳になるんだか。


 深夜、どうやら上空を台風が通過していった様子。
 風は強いが雨は収まった。

 夜空をびゅうびゅうと凄い勢いで流れる雲の間から、綺麗な月が顔を覗かせる。
 眼下には街の灯りが煌々と。
 「ひゃー、これもなんか凄い景色だぞ」


凄い凄い

今日のルート・・・は走ってないからありません!


本日の走行距離:0km、給油回数:0回
本日の教訓:ま、走らない日が1一日くらいあっても。

 ←PREV   NEXT→ 
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る