■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

2015北海道ツーリング、雨雲すり抜け記 の5


白い三連星

 

<2015年8月14日〜15日>

終わっちゃいました

 朝、7時まで熟睡。やー寝た寝た。やっぱ疲れが(略)

 朝食は初めてこのホテルの食堂で。
 内容は昨今の他のビジネスホテルの頑張りを考えるとまぁまぁといったレベルだったけれど、葉物(サ ラダ)とコーヒーがあるのが嬉しかった。

 「ビジホの皆さん!サラダの充実度で客の集まりが変わりますからね!」(←個人的に強調)

 外は朝から晴天。まぁ今日はフェリーに乗るだけだけれど。


それでも晴れてるに越したことはなし

 出発の準備はゆっくりと。

 いつもどおりセローのエンジンオイルをチェックするも補充するほどではない感じ。
 走り方もあるだろうけれど、エンジンフルオーバーホールの効果もあるのかな?

 チェーン大丈夫そう、オイル漏れの類もなし、これなら帰りの高速も無問題のはず。
…と駐車場で運行前点検をやっていたのだけれど、どうして爆音のハーレーほどアイドリ ングをク●長くやるのか知ってる人がいたら教えてください。

 「自宅前でも同じ事してるのかな?」と考えながら駐車場を出る。さて、とにもかくにもセイコマ行かなきゃ。


 フェリーに乗る前にいつも寄るセイコーマート。中に入ると…「な!なんだってぇっ!」(AA略)
 セイコマオリジナルのパンが全滅してました!

 パンの大きな棚はほぼ空。他の棚も空きスペースが目立つ。
 どうやらどこかの団体様にごっそりヒャッハーされ買 われてしまった後のようだ。

 「食べてないのに!今年まだしっとり豆ぱんを食べてないのにぃ〜っ!」

 悔しいのでTwitterでぼやきながら、ホットシェフおにぎりとソーセージのみを購入する。
 「ですよねぇ、この状況で茹でとうきびが残ってるはずないですよねぇ…」(←念のため店員さんに)


 9時過ぎ、フェリー乗船。
 行きと同会社なので事務手続きは必要なし。さくっと乗り込む。


積み込まれ完了

 想定外だったのは、いつもどおり船内の受付で「二段ベッドはできれば下を」と頼んだのに既に一杯で上になってしまったこと。
 早めに船内へ入ったのに何故だろう?受付順じゃないのかな?それとも予約時にベッドって指定できるんだったっけ?(予約方法によるのかも、今更だけど)

 出航前。
 妙にものものしいと思っていたら、水上保安庁の警備・警戒の様子をTV局が取材していた。
 テロ対策番組か、それともお盆のUターン企画か。いずれにせようっかり写らないように気をつけてっと。(?)

 出航。あとはいつもの18時間。

 「良い子のみんな!二段ベッドはカーテンの足元側のフックを外しておくと通路側を開けられるから暑い時には便利だぞ!でも下船前にちゃんと戻して おくのを忘れるなよ!」


ああ、北海道が遠ざかる…


こいつともお別れですね

 翌日。5時起き、6時入港、6時半下船。

 朝飯は港近くのセブンイレブンで。冷たいアイスコーヒーでしゃきっと目を覚ます。


青空なれど雲多し

 朝のうち路面が濡れていて心配したが問題なし。高速入ってすぐパラっと降られたが小さな雨雲の下のみで10秒ほどで止んだ。
 そしてあんな小さな雲に雨を降らせる力があることにもびっくり。

 9時前安積PA、給油。
 急に俗っぽいものが食べたくなってカレーうどん。

 那須高原SAでもう一度休んで。
 駐車場からZ1000のお姉さんがTシャツ姿で走り出したので「危ないぞ〜」と思ったけれど、GSへ入っての給油後ちゃんとジャケットを着こんでいた。よしよし。


 自宅近くで給油しての帰宅は11時過ぎといったあたり。

 う〜い、帰ってきたどぉ!

 荷物を片付けて汚れ物を洗濯機に突っ込んでまわして。
 洗車とオイル交換は明日回し。

 よーし、洗濯終わるまでに風呂入ってビール飲むど〜っ!


次の日ちゃんと洗いました


本日の走行距離:280km、給油回数:2回
本日の教訓:帰ってきた次の日も休めるってのはやっぱ楽。

<総括>

やっぱり北海道は楽しかったです

…というわけで11回目の北海道ツーリング、今回"は"無事に帰ってくることができました。(ぱちぱち)

 2年ぶりの北海道。
 あえて定番ルートを回ったりとか、初めて「観光の1日」をつくってみたりとか。
 いろいろ試してはみましたが、結果的に「北海道ツーリングはどんな状況にあっても楽める」というのを再確認した気がします(笑)

 天気予報が良くなかったので雨支度総動員で出かけたものの、晴れ・曇り・雨の割合は3:6:1くらいと好成績。

 実際に雨の中を走ったのは全部合わせても1時間に満たず。合羽を着ていた時間にしても3時間となかったんじゃないでしょうか。
 まさに晴れ男の面目躍如ですね(笑)

 さて、来年はどうなる・どうするか。

 1年かけてじっくり考えましょう、ま、多分行っちゃうと思いますけど(笑)


俺メモ:
・セローでスマホのナビを使うと充電が追いつかない。電流が原因と思われるので再検討要。
・パーカーの肩ベンチ、ボタンで流入エア増量可能。
・ブーツはそろそろかも?
・伊藤園の北海道とうきび茶は旨い。現地では爽健美茶だけでなくこちらのチョイスも。

<了>


7日間の走行距離:1960km (内北海道で1400km)
今年の教訓:もう一回行かなきゃな、知床へはさ。

 ←PREV 
 
 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る