■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

快晴ぐるっと北茨城ツーリング記


マスツーリングだと画像が少な(略)

 

<2015年4月>

続きますよ

…そして連荘となる(でもないか?)マスツーリングに参加させていただく。
 いや、やっぱ暖かくなると皆で出かけたくなるじゃないですか。

 1週間も前から「その日は晴れ間違いなし!」の天気予報。VMAXのタイヤも新品だから気持ちよく走れることこれまた間違いなし。
#ええ、前回のツーリング後速攻で換えましたとも。

 今回のツーリングの目的地というかルートは北茨城の怪しい峠道
 そういえばあの辺りにはもう数年訪れていない気がしないでもない。道とかも変わっているんだろうな。


 当日、朝から予報どおりのすばらしい青空が広がっている。

 VMAX発進。下にパッド入りジーンズ、上はワッフルシャツにプロテクタインナーに革ジャン。
 初実戦となるプロテクタインナーの感想は別途あちらのコンテンツにて。


にしても晴れたな〜

 集合はいつもの感覚からすると「自宅からすぐ」といってもいいくらいの場所だ。
 さくさく着いて幹事とご挨拶。「ご無沙汰してます痩せましたね新車いいですね」

 続々集まる参加者は皆既知の方なのだけれどお久しぶりの人多数。
 いや、もしかするとお久しぶりなのは俺の方かもしれないのだけれど。


お久しぶりでございます

 集まったのはほぼ栃木県人。「ごじゃっぺいってんじゃねぇよ」とか騒ぎながら出発する。

 田舎道を7台で隊列を組んで走る。

 一応最後尾に陣取ったものの余計な心配は一切なし。
 道は先頭の幹事氏任せでいいし、一緒に走ってるのはおっちゃんおばちゃんベテランばかりだし、何かサポートする必要性はゼロなのだ。

 燦燦と降り注ぐ日差しを浴びながらの田舎道、もちろん混雑はない。時々農作業の軽トラックに前をふさがれる程度。
 あ、普段田舎を走らない人に言っておくと、この手の遅い軽トラの後ろについてもイライラしないように。すぐ横道やら田圃やらに逸れていくはずだから。

 山間へと入ったら登ったり下ったり。

 栃木県から茨城県(西→東)へと行く場合、県南には両県を東西(地図的には横)に繋ぐ道路が何本か通っている(例:国道50号)

 だが県北側にはほぼ皆無。代わりに南北(縦)に何本かの国道が走っている。
 なのでルートは必然的にこの「縦の国道」を「横に繋いで」走ることになる。

 国道ちょっと走って曲がって林道めいた峠抜けて国道へ出てまた曲がって。
 覚えている道もあるけれど、まったく初めての道もある。
 もちろん標識なんて無し。「え?ココ曲がるの?」な場所多し。

 後で道案内の幹事氏に聞いたら「以前道を間違って知ったルート」とのこと。
 うーん、でも面白いルートだな。スマホにGPSのログでも録っておくんだった。

 ガラガラに空いた峠道。タイヤが新しいとやっぱり気持ち良い。
 グリップは万全でスパスパと寝るので自分の腕があがったのかと錯覚しそう、そして乗り心地も良し。
 実際そんなに変わっているのかどうかはさておいて、今気持ち良く走れればそれでいいのよ!


 最初の休憩場所が甘物屋だったのは誰の趣味だったのだろう。

 シュークリームを買って食べてサービスのコーヒーを貰って飲んで。
 「あー空が青いわーそりゃツバメも飛ぶわー」


もうそんな季節なんですね

 朝から90kmほど走っているのでVMAX的には給油タイム。でも今日はあえてこのまま走り続けることにする。

 昼飯の場所までぎりぎり持つはずという目測はもちろんあるのだけれど、今日はVMAXでは初めてFUEL1(WAKO'S)をぶち込んでみた。
 これの効果を出すために、できるだけ燃料を(補給することなく)使い切りたいのだ。
#FUEL1については先代V-Maxと隼で散々語ったからもういいよね?

 「ま、いざとなれば命の1L(予備ガソリン)も積んであるし、なにより今日は1台じゃないし(をい)」と出発。

 道はまたまた山の中へ。
 記憶では一番細くてくねくねだった場所に立派なバイパスができていてびっくりする。
 確かに便利だし時間は短縮できるのだけれど…「うん、あとでまた旧道の探索にこようっと」

 知っている人は知っている十王ダムで小休止。丁度噴水タイムでおおおと見入ってみる。


日差しが気持ち良くてねぇ

 山を下ればそこはもう海岸線。今度は本当に給油を済ませる。
 峠越えが続いたのに燃費はなんと高速道路並みの15km/L、高めのギアでスパスパ走った(?)とはいえ良過ぎの燃費、これにはFUEL1も影響しているのだろうか?(さてさて)


 お昼は海岸線の魚屋の食堂。刺身定食が旨い。


美味しゅうございました

 近況を語りあいながらたっぷりと休む。

 店を出たら場所を海岸に移してまたまたダベりんぐタイム。
 青空継続、気温も高い。そしてこの潮風の気持ち良いことといったら!


潮風堪能中


逆光はむしろ好都合

 解散は2時という辺り(だったよな?)

 早い解散だけれど、おっちゃんおばちゃんベテランにはいろいろ浮世の義理があるのだよ。

 「もう少し北の山を回ります」というメンツにも惹かれたのだけれど、俺は南回りでの帰宅を選択する。

 いやいやどうもどうもと挨拶。
 「お疲れ様でした。またやりましょう、ええ、やっと暖かくなってきましたしね。」

 各々のバイクが別れていく。
 1台で走る海沿いの国道6号。せっかく海沿いまで来たんだし、なら南へ下ってあれこれを…と考えていたのだけれど、思っていたより国道の渋滞が激しい。「ええい、ならば高速で帰ってやるわ!」

 遠回りしてしまったが常磐道へIN。ふははは、今日は完全ドライだし新品タイヤだし、前回と違ってブリバリ行けるぜい!

 馴染みの無い高速なので地味な四輪に注意しながらおどおどと走る(矛盾)
 ともあれ、常磐道→北関東道の速いことはやいこと。いや〜高速道路ってやっぱ凄いねぇ。

 うんうんと頷きながら自宅へ到着。
 荷物を下ろして…さーて、んじゃおっちゃん的には浮世の義理をこなすとするかー。


お疲れさまでした、また遊んで下さいな

※この日はあえてカメラのレンズモード換えてみたんだけどやっぱノーマルの方が良いかもなぁ…

今日の走行距離:300kmくらい
今回の教訓:全部お任せって楽ちん(はぁと)


 
戻る バイク紀行特別編へ戻る