■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

2013 VMAXオーナーズミーティング東日本
&福島えんやこら記

<1>


天候に恵まれた3日間でした

 

<2013年10月12日>

恒例というのも気が引けるほど

 朝、今日はゆっくりでいいしとのんびりしていたらあっという間に8時になってしまった。これはいかんと慌しくガレージからVMAXを引っ張り出す。
 そして慌てて出発したおかげで忘れ物がまぁあるわあるわ…
※地図でしょ、予備ガソリンでしょ、パンク修理剤でしょ、スマホの充電ケースでしょ、それから…


 今日は年2回恒例のヤマハ主宰VMAXオーナーズミーティング

 回を数えること…いくつだっけ?(9回目かな?)
 何度も書いているとおり楽しい&豪華なイベント。俺も一時は皆勤賞を狙っていたのだけれど、さすがに関西大会やら九州大会やらには参加できず。まぁ一度は山陰まで出かけたけどね(笑)

 今回の会場は福島県白河市

 宇都宮からだと2時間とかからないのでほぼご近所さんと言ってもいいだろう。そして下手に時間が読めるほどぎりぎりまでゆっくりしてしまうのは普段の生活でもありがちな話だったりするのだ。


 「遅刻遅刻!」と食パンと咥えたまま(嘘)国道へ。
 10月の3連休初日の国道4号はさすがにちょい混み。なのでえんやこらさっさとすり抜けて走る。

 服装は長短Tシャツのレイヤードに革ジャン、下はジーンズの下にニーシンパッド。
 これで丁度良い感じだから気温は平年並みと言えるだろう。

 空は晴天で絶好の行楽日和、なので4輪に限らずバイクも多く走っている。

 車種はオンオフ様々だが妙にハーレーが目立つ。そして皆大荷物を積んでいる。これは北の方で何かイベントでもあるのだろうか?

 矢板市あたりで国道をパタパタと元気よく走っていたセローを追い越した。そしてその先すぐに赤信号。
 やれやれと止まったら、追い越したばかりのセローがすいーっと横から前へ出た。
 どうやらブレーキングが間に合わなかった様子、忍びねぇなという顔をしていたのでかまわんよと手を挙げる。
 うん、セローのブレーキがアレなのは充分判っているからさ。

 東北道へIN。混雑継続。なのでえんやこらさっさも継続。

 ちょい前にタイヤ交換時期を迎えていたVMAX。
 センターにスリップサインが出まくりではあったのだけれど、「セローの修理費も嵩んでるしなぁ…」と交換はもう少し我慢するつもりだった。でもねぇ、オナミの後のツーリングに誘われちゃうとねぇ…

 結局、激忙の仕事の合間を縫って強引に(?)交換。おかげで今日の高速道路走行は「あーやっぱ新しいタイヤって乗り心地良いわー」

 走行が快適すぎたせいか、それともえんやこらを頑張った(?)せいか、寝坊したはずなのに時間が余ってしまう。んじゃSAで時間調整でもしていきますかね。

 入った那須高原SAは大混雑だった。車はもちろんバイクも山盛りなので驚く。そしてやっぱり荷物満載ハーレーが多い。こりゃぁやっぱ何かあるな。


こんなお兄様方が100人ほど

 駐車場で見つけた新型VMAX、手を振っていたのは同じくオナミへ向かう毎度お馴染みオーナーズクラブ(VOC)のM氏だった。
 どもどもと挨拶、ハーレー多いですよねぇと聞くと北で雑誌VIBESのイベントがあるらしいとのこと。なるほど、キャンプイベントなら大荷物も当然ですな。

 もうお一方を加えての白河ICまではあっという間だった。給油を済ませて会場へと向かう。
 到着した現地は…う〜む、いつものように旗とか立っているかと思ったけど何もないぞ?ここ、入っちゃっていいのかな?
※どうやら時間が早い&裏口側(?)だったようです。

 恐る恐る中に入るといつものように係りの方が。案内されて道を行くと…「うはー」

 会場がゴルフ場とは聞いていた。そしてどうやらここはクラブハウスの裏手、ということで周囲は一面の芝。
 右手にコース、左手にクラブハウス、そして空は青空という絶好のロケーション&シチュエーションだったのだ。
 「いいのかなー、こんな綺麗な芝の上にバイクで入っちゃっていいのかなー」


こんな場所なんですから


空も青くてですねぇ

 芝の上をそろそろ進んで、いつものように1台ごとの撮影会。今年はどんな風に写ったのかは後でのお楽しみっと。

 またまたそろそろ進んで芝上駐車。そしてこんな場所だからとサイドスタンドの下に置く板まで用意されていたのには驚いた。
 「え〜っと、板はスタンドに対して角度付けて置くと割れにくいと思いますよ」(←北海道ツーリングで得た知識)

 受付を済ませて記念品を頂く。今年も気合入ってるなー、これは便利に使えるかも。


ベルトに「VMAX」の文字入りです


綺麗どころが揃うとカメラも集まりますね

 時間とともに続々とVMAXがやってくる。芝の駐車場が次々と埋っていく。

 既知の人にどもどもと頭を下げ、「Ak!rAさんですか?」と聞かれ、そのようなものですと笑ってみる。

 アンケートに答えて小物を頂き、見本のケミカルでバイクを磨き、フリードリンクで喉を潤す。そしてその間には友人知人連と他のMAXを見て回る。

 オーナーズミーティングはイベントの内容ももちろんだけど、こういう何も設定されていない時間の見物・雑談も楽しいんだよな。


ホント楽しいんですよこれが


それにしても天気いいなぁ

 聞けば今日の参加は40台ほどらしい。東京から遠くない割りにちょい少ない気がしないでもない。

 関東・東北で国内仕様VMAXに乗っている人は相応数いるはず。毎回言ってる気がするけど、「おーい、こんな素敵なイベントに来ないなんてもったいないオバケが出るぞー」

 実は今回参加できたオーナーズクラブ(VOC)のメンバーも通常より少なめ、その理由はドラッグレースだ。
 メンバーにも参加者の多いドラッグレース。悪い事に明日明後日とレースがあるので今日の参加はなかなかに難しいのだ。
 それでも何人かは無理をしてもとこのオナミに出てきている。不幸中の幸いは明日のレース場も(100kmほど離れてはいるけれど)同じ福島県だということだろう。


 「でもやっぱレース前だと大変だろうな〜」とか考えながら歩いているところへ、毎度お馴染みMK氏が現れた。

 MK氏とは明日からのツーリングもご一緒する予定、聞けばなんでも出掛けにバッテリー上がりをくらい、ショップの中古MAXからバッテリーをコンバートしてきたとのことだった。
 「そうですか、俺のバッテリーもこの春にですねぇ…
※え〜、この時の「中古のVMAXから」という辺りが実は明日以降に効いてくるわけでしてぇ〜

 わいわいやっていたらあっという間に12時を過ぎた。お昼はお楽しみのランチビュッフェタイム。

 1皿目をサラダ山盛りにして席へ戻ったら「アスリートの食事みたいですね」と言われてしまう。
 いえ、この後のお皿でタンパク質と炭水化物をがっつりと頂きますのでご安心を(笑)


食事は中で


急がないけど急げー


食事中の画像はありませんのでフルーツの画像をお楽しみ下さい

 食事の後はジャンケン大会。
 あんなものやこんなものまでがプレゼントに!ああ、あのパネルは俺も欲しかったよぉぉぉぉぉ…


もちろん横の奴もプレゼント対象です

 外へ出て集合写真。いやー、やっぱ芝と青空が映えるわー


ちょい日が傾いてきましたね


撮影する側を撮影してみたり


別途VOCの画像を撮っていただいたり

 その後のイベントはパネルディスカッションが2つ。

 1つ目の色に関する話には頷くことしきり。俺はデザインは門外漢だけどバイクの色には拘りあるんだよねぇ…
 もう一つはVMAX開発秘話。今回は初参加のオーナーも多いとの事で、これまでのオナミで出た話の総括的な話になる。それでもまぁ他では聞けない(言えない)話が満載なわけでして。
※例によってこれらの話は何れ別の形で何とかしようと考えていたり。

 楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。気づけば夕刻、解散タイム。

 さすがは10月の福島県、日が翳ってきたら急に気温が下がって来た。
 慌ててインナーを着込む面々を尻目に、北関東ではこれくらいは普通ですよ笑いながらこっそり革ジャンのベンチレーションを閉めてみる。

 16時過ぎ、ヤマハの方々に見送られ「ではまた次回」と会場を出る。

 さ〜て、んじゃこれで帰宅…じゃなくて、今夜はオナミ後恒例のVMAXオーナーズクラブの宿泊宴会があるんだもんね!んで明日もツーリングするんだもんね!

 有志10台で高速へと乗る、の時点でちょいトラブルが。というのはスマートICの入り口で最後尾だった俺だけゲートが開かなかったのだ。

 やってきた係りのおっちゃん曰く車種異常とのこと。いや、このETCは間違いなく二輪専用なんだけど?
※どうやらコレ、俺の後ろにいた4輪車がベタ付けしていたのが理由らしい。スマートICの入り口にはゲートよりかなり手前からいろいろ仕込まれているみたいですよ。

 プンスカしながら高速道路を50kmほど走る。
 先日付けたポジションランプはなかなか好評、こういう千鳥走行の際には先頭から確認しやすかったとのことだ。


好評ポジション

 そして入り口でトラブったので高速出口ではまたまた面倒臭いことに。
 「だーかーらー、ETC割引にはカード必要って、バイクのETCカードってのはそんなに簡単に取りだせないの!んでそもそも簡単に取りだせるところじゃダメって決めたのはJHさんなの!」

 皆を待たせるわけにはいかないので男は黙って現金払い。プンスカ(略)して宿到着。

 ここにはオナミには参加出来なかったドラッグレースのメンバーも準備を終えてやってくる。

 さー風呂だ飯だ宴会だーっ!明日レースに出る人は飲めなくてかわいそうだけど、だからといって遠慮はしないぞーっ!


かんぱ〜い!


本日の走行距離:160kmくらいかな?
本日の教訓:これぞまさしく行楽日和

 NEXT→ 

 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る