■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

2013北海道ツーリング?記

<4>


そりゃまぁせっかく来たわけですから

 

<2013年8月17日>

ドライブ・GOGO

 ……というわけで、ツーリングではなくなってしまったのだけれど、北海道の旅は続くわけです。


●まずは当座のお買い物

 ・中標津は大きな街なので状況が変わっても対応可能なのがありがたい。
 ・100円ショップダイソーでシガーソケットに付けるUSB変換機を購入。これで車内でスマホへの充電がOKとなって一安心。

●昼飯はたっぷりと

 ・「困った時には飯を食え」の格言に従って早めの昼飯は回転寿司。ええ、もちろん贅沢しましたとも!

●ダイハツムーブを駆って予定通り野付半島へ。

 ・まずは半島先端の駐車場(本当の先端までは歩くしかない)まで行ってとりあえず満足。
 ・ちょい戻っての景勝地「トドワラ」では頑張って歩いてみることにする。片道30分って事は行きかえりで4kmくらい?
 ・歩き以外には馬車もある。片道500円とのこと。


別海ネイチャーセンターが入り口です


働く馬は綺麗ですね


人はこんな道を延々と


ページトップの画像を過ぎると板道に


肝心のトドワラは大分減ってました


クリックすると大きな画像で

●満足したら戻ります

 ・中標津までもどってハタと気づき、アウトレット店でショルダーバッグ、100円ショップで黄色と黒のトラロープを買う。これは明後日のお楽しみ。

●風呂

 ・夕方は足を伸ばして屈斜路湖へ。有名な露天風呂を覗きにいったのだけれど水量が少なめ?なのでお隣の旅館風呂へ。
 ・こちらはもちろんたっぷりの湯量、湯船も貸切で大満足。

●夕飯

 ・さてと飯屋を探してぐるぐる回るがめぼしい場所無し。気づいたら街を出ていたのでコンビニでいいやとそのまま走る。
 ・と、ひょんなところで個人レストラン発見、高いかな?とどきどきしながら入ってみる。
 ・オーダーは刺身定食。そして旨い・安いで大満足、げふー

●就寝

 ・キャンプ場へ戻ったのが20時。周囲は相変わらずの霧で他のキャンパーも皆テントの中の様子。
 ・俺もそのままテントの中へ。もちろんビール2本も忘れない。
 ・あー、いろいろあった一日だった。さー明日も走るぞー・・・もちろん車でだけどな!


<2013年8月18日>

ドライブ・GOGOの2

●起床・出発

 ・慌てる必要は無いというのについつい4:30amに起きてしまう。外は小雨がさわさわと。
 ・雨の隙間を縫って5:30に出発。いや〜、屋根の付いた乗り物はこういうときに便利だな〜

●朝食

 ・朝飯はちょいと離れたセイコマで。もちろんグランディアブラックとしっとり豆ぱん。
 ・小雨継続、なので車のシートに座って食べられるのがありがたい。いや〜、背もたれの付いた乗り物はこういうときに便利だな〜


定番&王道(俺基準で)

●給油

 ・R243を東へ、その後南へ。雨は次第に上がって時々晴れ間も覗いたり。
 ・厚床でムーブに初めての給油。すぐ満タンになってしまって驚いて計算したら…23Km/Lって最近の軽自動車は凄いなあ。


厚床の駅で電車を眺めてみたりとか

●カニ

 ・R44を東へ。根室の街中をぐるり回って花咲港へ。
 ・今まさにカニが茹で上がったところ…なお店にIN。花咲カニをやっつける。旨い美味しい間違いなし。


旨いけど大変なんですこのトゲトゲが

●灯台と車石

 ・車の中がカニ臭い!と騒ぎながら花咲灯台へ。今年はちゃんと先端まで行ってみる。
 ・うむ、この霧に包まれた岬というのもなかなか趣(おもむき)あるものだな…


海側の霧が深かったです


波が高くて迫力あり

●一気に西へ北へ

 ・道道44を西へ。北太平洋シーサイドラインはやはり霧。それでもちょいちょい晴れ間が見えると嬉しくなったり。
 ・霧多布岬は当然霧…のつもりが結構見晴らしがよくてこれまた嬉しいサプライズ。


前回来た時には気づかなかった岬が


ちょっとだけ晴れ間も


キツネも出ます

●カキ

 ・道道123を西へ。12時過ぎに厚岸グルメパーク・コンキリエ
 ・ちょいと並んでレストラン。限定品のカキパスタ(牡蠣のナポリタン)を食べるのさ!もちろんデザートもいただくのさ!


その名に恥じず、たっぷりと入ったカキがもう…


抹茶を見立てた「湿原カップ」


こちらは土産物屋
いや、サンマの味付けようよ。アワビ入れようよ。

●阿寒湖

 ・車の中がカキ臭い!と騒ぎながらR44で釧路。
 ・釧路の市街地ではムーブのナビが大活躍。いや〜、ナビゲーションシステムの付いた乗り物はこういうときに便利だな〜
 ・R240北上。阿寒湖ではアイヌコタンを見て回ったりコロボックルの椅子に座ってみたりする。


「幸運のベンチ」なので座ってみました。ええ、もちろん周りに人がいないときを狙って。

●風呂と飯

 ・R241で摩周まで走って温泉へ。民宿の立ち寄り湯はこれまた貸切で長湯をしたり。
 ・ちょいとコンビニに立ち寄って宅配の仕様について質問。うんそれなら大丈夫、明日朝また来るとしよう。
 ・夕食は昨日の店でも良かったのだけれど、何故かラーメンが食べたくなって街道沿いの店へ。餃子も付けて満腹。

●就寝

 ・キャンプ場へ戻ったのが20時。周囲は相変わらずの霧で他のキャンパーも(略)
 ・俺もそのままテントの中へ。もちろんビール2本も(略)
 ・さー明日も(略)

<2013年8月19〜20日>

ドライブ・GOGOの3

●さて帰りますか

 ・5:30am起床。空はまだ暗いけど天気はこれまでで一番良い感じ?
 ・3泊使ったテントを撤収。多少濡れているけど丸めて袋に突っ込んでしまえば問題なし。
 ・フェリー内で使うものだけを一昨日買ったショルダーバッグにしまいこむ。キャンプ用品他一式を入れたデカバッグにはレインカバーをかけて、その上からこれまた一昨日買ったトラロープで梱包する。これはコンビニから自宅へ送ってしまうのだ。


お世話になりました


梱包完了

●食って飲んで走って

 ・コンビニで配送手続き完了、身軽になる。朝飯ついでにゆでとうきびを購入。
 ・R241を西へ。峠の上り下りでジムニーと追いかけっこ。エンジンはこっちが上、足回りはあちらが上。
 ・足寄で再度セイコマ休憩。北海道ではメジャーという「ようかんパン」を初めて買ってみる。アンが外側に付いてるのはアンパンの逆だけな訳だし、何よりセイコマのパンが不味いはずもなし。

 
これまた定番


空は更に青く

●食って飲んで走って継続

 ・足寄ICから道東自動車道へ。いや〜、ETCの付いた乗り物は…ってこれはセローも一緒か。
 ・ペースは100km/hくらいが丁度いい。上り坂になるとエンジンが一生懸命頑張る感じはこれまたセローと一緒かも。
 ・何時の間にやら青空が広がる。景色は良好でVMAXで吹っ飛んで走ったら楽しそう、でもGS付きのPAがあまりないので航続距離の無い車両は注意が必要かも。


青空ダーッ!あと蟲ダーッ!


メロン、ダーッ!


アルファトマムのホテル、バカ過ぎダーッ!(褒め言葉)

●札幌ではイベントを見学に

 ・道東自動車道→道央自動車道。札幌南ICで一般道へ降りて札幌芸術の森美術館へ。
 ・ここで今開催されているのが北海道大マンガ展、北海道出身の漫画家さん達の原画が見られるのだ。


到着


ここから先は撮影禁止


たっぷり楽しんで外へ出たら、通り雨の後に綺麗な青空が

●一路フェリー埠頭

 ・支笏湖を掠めて苫小牧へ。フェリー埠頭でレンタカーを返却。いやーよく走ってくれたなダイハツムーブ。

 
支笏湖は晴天


埠頭到着、お疲れ様


ふははは、2日半で1,000km走ったもんね

●初めての仙台便

 ・苫小牧港は大きくて設備も揃っていてびっくりさせられる。うむ、さすがは複数の会社が使う港。
 ・夕刻出航、月と夜景が綺麗。


月とコンビナート


タグボートが随伴してました

●そして自宅へ

 ・仙台港への到着は翌朝。バスに乗り換えてJR仙台駅へ。
 ・昼飯は牛タンの定食、バカ旨。
 ・新幹線で宇都宮へ。いやーそれにしても新幹線って速いわー


最後の贅沢

・・・というわけで今年の北海道ツーリングは、タイトルの最後に「?」を付けつつこれにて終了。

 さて、最後にいろいろまとめるとしましょうかね。


3日間の走行距離:1,070km
本日の教訓:それにしても最近の軽自動車の燃費って凄いなー

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る