■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

さっくり東北ツーリング記

<3>


ま、今日はいいでしょう。

 

<2013年4月30日>

帰りましょう

 ゆっくり起床、ゆっくり着替えてホテルのレストランへ、これまたゆっくりとバイキングの朝食を摂る。
 だって外は雨なんだもーん。

 実は今日が雨なのは了承済み。
 天気予報では1週間も前から「30日は全国的に雨でしょう」となっていた。そして今回のツーリングもこれにあわせてスケジューリングしてあるのだ。


 屋根下のセローの横でモコモコと雨具を着込む。

 ブーツカバーもしっかり着けて、手には例の高級ゴムグローブを…あ、中に着ける軍手忘れた…

 ま、寒さを我慢できなかったら何か考えようと素手にゴムグローブを装着する。
 そう、今日も気温は低いのだ。そしてまた風の強さもこれまで同様。


それでも濡れずに着替えできるってありがたいものです


 高速道路へと上がっても状況は変わなかった。
 でもまぁ今日は一気に帰るだけだ。装備はしっかりしているし(除く手)慌てない慌てない。

 初日同様、強風に煽られながら進み、要所要所で休憩を取る。

 SAの駐車場で一緒になったBMWの男性曰く「今日は風が強くて怖いですねぇ」
 ああ、やっぱりデカい車体&3連パニアだとより風を受けるんですね…


 走るうち、やはり冷えてきた手に「どこかで通常グローブ+グローブカバーに替えようか?」と思ううち、雨が止んでしまう。

 一時的なものか?と思っていたのにその先はずっと曇り空。自宅近くでは晴れ間も覗いてくるほどだった。

 う〜む、相変わらず俺の晴れ男パワーは凄い。
 これなら一気に帰って来ず、もうちょっと寄り道してくるんだったかも(笑)


本日の走行距離:370km
本日の教訓:雨でも割り切って走れば問題なし

<総括>

 というわけで、2泊3日実質2日の東北ツーリングからも無事帰宅。
 高速が一番苦手のセローですが今回も頑張ってくれました。(ぱちぱち)

 で、いろいろ言われる東北の海岸線へのツーリングについてなんですけれど。


 震災から2年以上経過しているとはいえ、まだまだ復興といえない状況なのは皆さんご存知のとおりです。
 だから「東北行くなら何か助けになることをしなければ!」と気負ってしまう人もいると思います。
 そして「支援とか絆とかそんなのなんか気恥ずかしいよ」という人もいるでしょう。

 俺の考えとしては「難しいこと考えずに普通に行けばいいのに」です。

 リアス式の綺麗な海岸線・景色を見ながらのツーリングは本当に気持ちの良いものです。

 美味しい食べ物が沢山あります。
 ガソリンスタンドだって普通にあります。
 もちろんコンビニだってそこここにあります。

 普通に走って普通に楽しめます。特に何かをと気負う必要はまったく無い気がするんですよね。

 もし、ちょっとだけ何かをと思うなら、買うにせよ食べるにせよ地元の店を選ぶと良いかもしれません。
 でも全国チェーンの店・コンビニだって、実際に働いているのは地元の方なんですけどね。

 今回のツーリング中、同じようにツーリングしている数多くのバイクを見かけたのは嬉しいことでした。
 さほどでもない四輪車に比べあきらかに多かったですから。
 「きっとバイク乗りには東北の事を考えている人が多いに違いない」なんてのは贔屓目なんでしょうか?(笑)


また行きましょう、また晴れている時に


 さて、これで恒例春の(?)ツーリングは終了。

 次の恒例ロングとなればやっぱり夏の北海道!の予定なんですがどうなりますやら。

 今年も青森から途道、その前に今回より北側の岩手北部&青森を観光!なんてのも面白そうですね。

#問題は、行けるかどうかが何時決まるか?なんだけど…orz


 ←PREV 

 
戻る バイク紀行 特別編へ戻る