■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

2012 北海道ツーリング 初物狙い記

<4>


今年の北海道も終わってしまうんですねぇ…

 

<2012年8月14日(火)>

今日はもう帰るだけ

 朝5時起床。
 空は晴天。雨男を酒で弱らせると晴れるというジンクスはどうやら今回も有効だったようだ。

 ホテル前で早朝発の某氏をお見送り、今日は良い天気だからたっぷり走り回ってくださいな。


朝から元気なオヤジ連(恒例)

 さて、それでは飯を食いますかと雨男某氏と連れ立って市場へと歩く。

 市場とはいえさすがに6時過ぎから開いている店はわずかだった。それでも開店準備をしているお店を見つけて座らせてもらう。
 ああ、これが今年の北海道で最後の海鮮丼かぁ…


二条市場というらしいです


名残惜しい…

 雨男某氏の見送りは8時前。今日は良い天気だけど明日からはそうはいかないので今のうちにたっぷり走り回ってくださいな。(悪)

 出発は8時過ぎ。
 ジャケット片手に見上げる空は更に青くなってきた。

 俺の北海道ツーリングは実質昨日で終了済み。今日は10時にフェリーの出る小樽へと移動するだけとなる。

 天気もいいし時間もある。一般道を使って最後の北海道をゆるゆる楽しむとしよう。


快晴ですよ

 R5を西へ。

 メジャー国道だけれどこの辺りには結構なアップダウンのある国道5号。セローだと四輪車に煽られながら左車線を走ることになるのだけれど、VMAXではその気遣いはまったくの不要だ。

 右手に海、空は相変わらず青く空気はカラカラ。あ〜気持ちいいわ…

 9時、フェリー埠頭へ。

 受付はガラガラに空いていた。そろそろ乗船が始まる時間だからだろうか。
 そして執拗に列に並ばせようとする駐車場係員さんを振り切って(嘘)一旦埠頭を出る。ふふふ、俺にはまだ行かねばならぬ場所があるのだよ。

 「やっぱ受付が先だよな」とさっきはスルーしたセイコーマートへ。
 今日の昼と明日の朝と…あとはビールのツマミか…

 ☆

 あらためて埠頭へ、今度は素直に列に並ぶ。
 お盆休みの帰りにしてはまだ早い時期のはずなのだけれどバイクの数は結構なもの。お疲れ様です皆の衆。


関東近辺のナンバーもそこここに

 フェリーに乗ったら、あとはいつもの過ごし方。

 ビール飲んで風呂入って。
 上映映画のワイルドセブンはBDで見たからいいやと2等寝台に横になった途端に眠気に襲われる。

 昨夜もしっかり寝たし今日の目覚めも良かったけれど、やはり旅の疲れが溜まって…い……zzz


やはりこの画像で締めますか


本日の走行距離:40km 
本日の教訓:しまった!今日は初物が何もない!

<2012年8月15日(水)>

今日はもう帰るだけ、の2

 朝6時定刻、フェリーは新潟港へと到着する。

 天気は良好、雨の心配はなし。
 そして狭いフェリー船内で待っている間にエンジン掛けるおバカな車は、渋滞に捕まってウ●コ漏らせば良いのにと思う。
※除く乳幼児乗車


ともあれ下船


 新潟市内で給油して高速道路へと上がっていく。

 さすがに混雑はない。
 1車線の箇所の多い磐越道、セローだと後ろから迫ってくる車に道を譲りながら走るのだけれど、もちろんVMAXには関係なし。

 新潟県内は晴天、福島県に入るとちょい雲が。道端が濡れている気がするので少し前に雨が降ったのかも。

 東北道への合流までは感覚的にあっという間だった。う〜、VMAXで走る磐越道ってこんなに短く感じるんだ。
#セローだと延々なんだよねぇ(笑)

 ガソリンが東北道安積PA手前でリザーブタンクに切り替わるのは計算どおり。
#俺メモ:磐梯山SAにもGSがある模様、今後考慮すべし。

 入ったPAではいつもの食堂で軽く食べても良いのだけれど、丁度セイコマのパンが1つ残っているんだよな。


あ〜これまた名残惜しい…

 あとは一気に自宅まで。

 おりゃおりゃ走っての帰宅は10時前。途中休憩が少なかったせいもあるのだけれど、なんかいつもより物凄く早く着いた気がするぞ(笑)

 さぁ、時間も早いし、洗車してやるかぁ!


お疲れお疲れ

本日の走行距離:290km 
本日の教訓:高速楽だわ〜(笑)

総括

…というわけで、毎年恒例無事故無検挙無転倒で帰ってくることができました。(パチパチ)

 駆け足の中3日スケジュール、しかも天候は今ひとつだったわけですが、なにか物凄く充実した濃いツーリングになった気がしています。

 バイク的には今ひとつといわれている道南方面も、実際に走ってみるとかなり楽しい場所という事が判ったり。
 今回は西海岸メインで走りきったので、いずれメジャーな東海岸も走ってみたいものです。

 そしてもう一度行ってみたいなと思わせられたのが函館の街。
 北海道には何度でも訪れたくなる街がいくつもあるのですが、今回函館が仲間入りしそうです。

 もちろんVMAXは北海道でも何の問題もなし。特に長距離移動には絶大の安心感。

 まぁ航続距離がセローの1/3なので給油は頻繁に必要ですけどね。今回は比較的大きな街を繋いでいったので平気でしたが、道北・道東をがしがし走るならちょい注意が必要かもしれません。

 さて、今年は初のVMAXで北海道、それも思いもかけず青森まで自走で、を経験できました。

 次回はどうしましょうか。もちろんVMAXで道北・道東をがしがし走ってもいいし、基本に返ってセローにテント積んで行き当たりばったりで走るのもいいし、悩みどころです。

 ま、何より一番重要なのは「夏にバイクで北海道へ行く」って事なんですけれどね(笑)



※自宅へ到着して、「さてどれくらい走ったのかな〜」と総距離数を記録してあったTrip2に切り替えて総毛立ちました。
いくらなんでも2012年8月ってできすぎでしょ…

総走行距離:2012.8km 
教訓:行く〜来年も行くぅ〜!

 ←PREV  
 
戻る バイク紀行特別編へ戻る