■春夏秋冬バイク紀行・特別編 ツーリングレポート

 

北海道ツーリング 2011 何を今更記

<5>


1箱買って帰るかどうか本気で悩みました

 

<2011年8月16日(火)>

あとはもう帰るだけ

 4:30起床。いや〜、たっぷりビール呑んで寝ると翌朝早くから目が冴えちゃってねぇ…何を今更(←これはツーリング中に限らない)

 いずれにせよ何をするにも早すぎるので、ベッドの上でごろんごろんして過ごす。

 TV観たり、これまで撮った画像を確認してみたり。
 今回はカメラを換えて、1枚当りの画像サイズもずいぶんと大きくなった。念の為にと予備のSDカードも持ってはきたけれど、さすがに8GBを使い切ることはなかったようだ。
#でもフルサイズの動画を撮ったりするとあっという間なんだろうなぁ…

 明るくなってきた窓の外は曇りでとりあえず雨は降っていない。
 しかしTVの天気予報によれば「んでも今日の北海道はどこでも雨!」だそうだ。まぁいいか、今日はフェリーに乗るだけなんだし。


いろいろ準備を始めます


 ゆっくりと荷物を積み込み、ブローバイを確認(念のためちょいオイル足し)。帰りの高速道路用にチェーンにも給脂(チェーンが乾いてないとできない)。

 8時前、こたろー氏のWRと2台で鱗友市場へと向かう。
 食堂の脇にバイクを停めて…ありゃ、結構混んでるな。

 数組の家族連れ&バイカーが順番待ち。とはいえせっかくなので待つことにする。
 名前を告げた後、バイク横であれこれ話していたら、それまでおとなしかった空から突然結構な勢いで雨が降ってきた。

 風も急に強まり周囲も暗くなる。慌てて軒下へと逃げ込み、「ま、この人と一緒じゃ仕方ないか…」と聞こえないように小さく呟いてみる。何を今更

 20分後、混雑する店内で何故か朝から酔っ払っている地元民のおっちゃんの愚痴を聞きながら海鮮丼をかきこむ。
 そういえば今年の北海道での海鮮丼はこれが初めてだ。俺にしては珍しいパターンだよな。
#今回の宿はどこも朝夕の飯が充実していたからねぇ…


初海鮮丼、雲丹は別盛りです 

 「ご馳走さん!」と店を出、降り続く雨にごそごそとカッパを着込み出発する。
 俺はフェリー埠頭へ、こたろー氏は北へ。
 大きく手を振り走り去っていく青いWRを真っ黒な雨雲が追っていく。そうか、きっと今日の道北は大雨になるんだろうなぁ…何を今更何を今更何を今更


 コンビニで食料を買い込んで埠頭へ。バイクの数はそこそこという感じ。
 時間が早くちょいと待ったが無事に乗船となる。

 乗船後のサッポロクラシックは言うまでもなし。ちびちびやりながらセイコーマートで買ったツマミをつつく。
 「ああ、とうとう終わってしまったか、今年の北海道ツーリング……」

<2011年8月17日(水)>

高速一気走り

 朝5時起床。う〜い、たっぷり8時間以上寝たぜい、静かな2等寝台はやっぱ寝心地良いなぁ…

 6時過ぎ下船。天候薄曇り。

 荷物を積みなおそうとして、昨日濡れたグローブをリアバッグのポケットにしまいっぱなしだったことに気づく。
 ああ、臭くなる臭くなる、帰ったら急いで洗わなきゃ。

 新潟市内からICへ。
 「ハンドガードは風が当らなくていいんだけど、こういう時にはグローブが乾きにくくて不便だな」とかどうでもいいことを考えながら一般ブースでチケットゲット。

 今日の気温は(内地にしては)比較的低く、バイクで走ると丁度良い感じ。
 たっぷり睡眠もとったので元気一杯。170kmを一気に走って磐越道から東北道、安積SAで初休憩&朝食。
 何故か無性にラーメンが食べたくなり、ラーメン&カレーなどという無茶をしてしまう。


 帰宅は11時30分

 一旦荷物を下ろしてからコイン洗車場へ向かい、たっぷり付いた北海道のホコリを落としてやる。

 そういえば帰りの高速では例の「息継ぎ」は発生しなかった、まぁいずれにせよキャブは一度バラしてやることにしよう。
 あとはタイヤが終わったので交換が必要。当然オイルも交換するとして、カムカバーからのオイル漏れも見てやらないとな…


お疲れさん


2日間の走行距離:290km 
本日の教訓:うん、高速道路はゆっくり走ろう

<総括として>

まとめてみたり

 …というわけで、これまた恒例無事故無違反無検挙で帰ってくることができました。めでたしめでたし。

 それにしても今年はころころと変わる天気が印象的でした。
 晴れ:曇り:雨の割合は3:6:1くらいかな?でもまぁ、マッパレの林道&函岳を走れたので良しとしましょう。予定していたコース・イベントも一通りこなせましたしね。

 さて、来年以降は…の話をするとオニに笑われるけれど、これまでやるやる言ってて出来てないベースキャンプ方式(キャンプ泊という意味ではなく)をやりたいところ。
 空荷なら入りたいところに入っていけるし、天候やらなんやらの条件でショートカット(もしくは延長ロングラン)することも出来るし。

 となると場所はやっぱ道東かなぁ?
 知床あたりももじっくりと回りたい・観光したいし、原点に返って標津辺りで遊びたい気もします。

 どうなることやらお楽しみに(笑)

#そろそろVMAXも北海道へ持って行ってやりたいんだけど航続距離がなぁ…


あ〜、名残惜しい…

総走行距離:2,060km うち北海道で1,480km 
教訓:雨にも遭ったけど楽しかったのでよし!(笑)

 ←PREV  
 
戻る バイク紀行特別編へ戻る