☆ バイク紀行 特別編 ☆
伊豆行って来い記

<2>

快晴万歳。でも望遠は相変わらず
 


<2010年11月>
今日も朝から良い天気
 あけて翌日。

 うっすら目が覚めたところへ外からドドドドという排気音。「あれは…もしやブチャラティ VMAX?」
 むっくりと起き上がりジョジョ立ちを決めた後見に行くと、丁度K氏が到着されたところだった。

 本来は昨日から参加の予定だったK氏、それが適わなかったので今朝は3時起きして東京から走ってきたらしい。「峠は真っ暗で夜露で濡れてて…」うへぇ、そりゃ大変でしたねぇ。


おはようございます

 ごそごそと皆が起き出してくる。

 朝飯は8時。飯をお代わりして荷物を積み込んだら記念撮影。
 おお、わざわざ名古屋から持ってきていたんですね→VMAXオーナーズクラブの大段幕(笑)


お約束画像を

 オーナー氏の「気をつけてー」の声に送られ、6台となったVMAX連が出発する。
 朝風呂へ行く途中のレディース連(笑)から手を振り振られ、朝日に照らされた県道を走る。

 K氏の言ったとおり、朝の道は夜露でしっとりと濡れていた。
 日向はともかく日蔭は完全にウエット、こういう状況だとハイパワー&重量のあるVMAXはスロットルワークに気を使う。今のようにエンジンが温まりきっていない状況では尚の事だ。

 県道15から国道414。

 国道なのに激細でぐねぐねと曲がりくねる峠道はなかなか楽しそうではあるのだが、こういうときに限ってのんびり走る4輪車の後ろについてしまう。ま、慌てない慌てない…

 峠を越えたコンビにで小休止、朝のコーヒーが旨い。そして空は見事な晴天だ!


淹れたてはやっぱ違うぜぃ!

 国道414北上、有名な天城越えの2重ループ橋へ。「そうか、以前隼で来た時は逆方向からだったんだ…」

 せっかくなのでちょい道を外れ、橋下の駐車場で「ここからだと迫力だねぇ」と見上げてみる。


ホント、大きいです

 さてと出発。「せっかくだから伊豆スカ行きますか」ということになる。

 混雑した日曜日の天城街道をだらだらと走り、途中から冷川ICへと抜けるはずの県道59へ。

 ここは前走った時かなり狭かった記憶がある。どうせペースは上げられないし、ここは一丁マスツーリングらしく走るとしましょうか。

 前は放っておいて(をい)バックミラーに写るT氏のペースにあわせて走ってみる。
 先頭のこたろーさんと最後尾のI氏は無線で繋がっているので離れても問題無しだけど、マスツーで前走ってる車両が見えないってのはちょっと寂しいものだからねぇ。

 スロットルを開けて戻して。ブレーキングではあえてレバー握ってテールランプ点けて。それでも加速はそこそこ頑張って。
 いざやってみると、基本を守って走るというのはなかなかに難しく、かつ勉強になるものだった。

 なるほどねぇと走る県道59は記憶どおり狭かった。
 四輪は僅かだが、対抗してくる2輪は結構な数だ。やはり伊豆スカから降りてくるのだろう。

 ★

 わいわいやりながら冷川ICへと到着。おお、伊豆スカイラインは今キャンペーン中で200円でいいんですか。

 日曜日の伊豆スカはそれなりに混んでいた。
 北上ルートには4輪も多数、片側1車線なのでそれに付いてとぽとぽと走る。

 それにしても、後ろから追い越す・対抗してくるバイクの飛ばしていることといったら…
 こんな混雑の中を全盛期の大垂水峠もかくやというペースで走るバイクの列。これじゃぁ「伊豆スカを2輪車通行止めに」って話が出るのも無理は無いかも。
 偉そうなことを言うつもりは毛頭ないのだけれど…なんてのはまた別途blogででも。
※三部作にしてみました。排気音量という奴走り方・スピードという奴危うい状況という奴

 ともあれ、駐車場で小休止。「あ〜、やっぱ富士山見ると落ち着くねぇ」


ちょい雲が出てきましたかね?


でもまぁ、お約束ですから

 すぐ先の亀石PAはほぼ満車でびっくりとさせられる。
 もちろん四輪よりバイクの方が圧倒的に多い。「ライダーは皆いい年齢に見えるんだけどなぁ、ならもう少し…」(再)

 そのまま熱海ICまでまったりと走り、道を間違ってUターンしたりしながら県道11(の旧道かな?)をぶらぶらと下りる。

 ここで丁度VMAXリザーブランプが付くか付かないかの雰囲気になる。(走行130km程)
 セルフのGSでVMAXに腹いっぱい食わせたあとは、我々も昼飯にしましょうか。

 
 「蕎麦がいいな…」というM氏の案により、国道136沿いの蕎麦屋に入る我々。
 ところが結構な混雑で待たされる。しかも1つ前のグループで「蕎麦が終わってしまいました(謝)」とのこと。う〜む、これはツいていなかったか。

 ところがところが、代わりに頼んだうどんが結構旨かった。しかも安い。う〜む、これはツいていたのかも。
 この味でこの値段なら確かに混んでも仕方がない。よし、この店はいずれ再訪することにしよう。

 喰った食ったと店を出たのが午後2時半。

 帰る場所も今後のスケジュールもばらばらな面々、それではとここで解散となる。

 いやいや楽しい2日間をありがとうございました。また遊んで下さいまし。
 そして明日も休んで4連休の方はもう少し楽しんでいって下さいね、明日からは雨でしょうけれどへっへっへ(悪)

 皆を見送り、さてと出発。
 時間はまだ早いし土産も買っていない。もう一度沼津港へ戻って干物でも買っていくとしようか。

 ぐるり回って沼津港。時間が遅いので昨日のような混雑はないのがありがたい。

 しまい支度がはじまった店でキンメ鯛の干物他を値切ってみる。保冷材できっちり包んでもらったら…「さあ、帰るかぁ!」

 これまた夕方の混雑が始った市内を抜けて沼津IC。それっと東名高速へ入っていく。

 覚悟はしていたけれど、東名高速はそこここで渋滞中。そしてそれは東京に近づくにつれ激しくなっていく。

 うらうらうらぁ〜とすり抜ける。

 同じすり抜け中のバイクに追いつくと、すぐ避けてくれる人と気づいていても道を空けない人の割合は半分半分といったところか。
 「人のフリ見てなんとやらっ…と」

 小腹が空いたので海老名SAでメロンパンを食い、雲が見えないのに雨がパラっときてびっくりし、横浜青葉を過ぎたら急に車が減ってペースを上げ、首都高入ったらやっぱり渋滞で、それでもC2抜けたらペースアップできて、蓮田SAで給油したら一気に宇都宮へ。

 自宅への到着は丁度7時。

 すっかり暗くなった中、明るいガレージへVMAXを滑り込ませる。

 いやはや今回のツーリング、高速道路は行きも帰りもほぼ一気に走ってしまった。
 これだけ一気走りしても疲れないってのはやっぱ凄いな→VMAX


そういえば、沼津市内での給油時に丁度18,000kmになりました。

<本日の走行距離=約420km><2日間の総走行距離=約780km><本日の教訓=年内にもう一、ニ度はツーリングに行きたいですね>
 
 ←PREV 

 バイク紀行特別編へ戻る