☆ バイク紀行 特別編 ☆
(VMAXで走る) プレミアムロールオフ記


一見良い天気ではありますが(笑)
 

<2010年9月>
偶にはこんなオフもいいんじゃないでしょうか
 コンビニLAWSONの「(スプーンで食べる)プレミアムロールケーキ」をご存知だろうか。
 2010年モンドセレクション金賞を受賞した逸品で、おやつにはもちろん、散々酒を呑んだ後に食べると異様に旨いケーキなのだ…
…というわけで、今回企画したのが「(VMAXで走る)プレミアムロールオフ」
もちろん、先のケーキとどんな関係があるのかは永遠の謎である。

 さて、格好つけてはみた(?)ものの、中身は単純で「新型VMAXだけで栃木のワィンディングをお腹いっぱい走ろうぜぃ」というもの。

 本来「○○限定」とかいうオフ会はあまり好きではない俺、だがまぁ今回は特例ということにしておいてください。
 それにほら、全部VMAXだったら給油に遠慮する事もないし(笑)

 直前まで気を揉ませられた天気予報。
 なにしろここしばらく快晴が続いていたのに、オフ当日だけはピンポイントの雨予報なのだ。
 だがさすがは「天下御免の晴れ男」の俺、前日には「基本曇り、夜は知らん!」になってくれた。「よーし、これで開催決定っと」

 あけて翌日、当日朝の自宅前は…「あ、雨だと!?」

 濡れた路面と空からポツポツ落ちてくる雨粒。雲は薄いし今すぐにも止みそうではあるのだが、路面が濡れていては元も子もない。
 早めに行ってコースの下見をしようと思っていたのだけれど、ぎりぎりまで出発を待ってみることにする。

 7時過ぎ、VMAXエンジン始動。
 
 雨はなんとか止んでくれた。相変わらずの路面に顔をしかめながら出発。「うちのあたりでこれじゃぁ北はなぁ…」
 ところが日光街道まで出て驚いた。路面は完全にドライだったのだ。
 路肩の雰囲気から「降って止んだ」のではなくまったく降っていない感じ。よし、これならイケる!

 給油の後集合場所へ着いたのが8時丁度。
 ここも路面は大丈夫、空は雲があるものの雨が落ちてくる気配はない。


まぁまぁ上天気といっていいかも

 参加者が続々と集まってくる。
 「集合場所では満タンに!」とお願いしてあったので、皆手を振って隣のGSへ入っていくのが面白い。

 馴染みの人にはどもどもと。お初の人には「そうです私が(略)」と挨拶。
 出発時刻ぴったりに飛び込んできた1台を加え、総勢8台の新型VMAXが揃う。
 さて、んじゃ行きますかね。
 
※最後に来た某氏は休憩なしトイレなし朝食なしで出発となった。まぁこれはハンデってことで(笑)


これだけ揃うと壮観ですな

 最初のステージは日光いろは坂。
 先日、何年ぶりかでスピード取締りがあったので途中まではゆっくりと上る。
 「はて、んじゃここから先はフリーで行きますよぉ…」

 ペースを上げて走る。
 基本はバックミラーに写る2番目に合わせた速度で。「随時順番入れ替わって走って下さいね」と伝えてあるので時々変わっている…はずだよね?(←全部同じV魔なのでよくわからない)

 そこそこのペースで明智平。隊列を整えて半月山。「ここは路面荒れてるから気をつけてねぇー」
 
 よっこいしょと登って、いつもの駐車場で小休止をとる。
 すっぽりと雲を被っている男体山がちと残念か。


なんか雲が厚くなってきました

 あらためて8台並べてみると、結構仕様が違うのに驚かされる。
 市販パーツも少ないし、そもそもいじるところの少ない新型VMAXなのだけれど、やはり乗り手の個性ってのは出るもんなんですなぁ


同じバイクなんですがねぇ

 それっと出発。
 中禅寺湖をぐるっと回って戦場ヶ原。交通量は少なくて快適…なのだが、「あれ?雨か?」

 ぽつりと落ちてくる雨粒。
 光徳牧場から山王林道へ入ると「ややちゃんとした雨」になってきた。路面も次第にウエットへ。

 山王林道途中の駐車場で休憩かたがた相談する。このまま予定通り北(川俣温泉方面)へ降りても確実に雨。ならまだ南のほうがマシかも?という話になる。


結構濡れちゃいましたしね

 それっとUターン
 雨変わらず。来る時は「ぽつり」だった戦場ヶ原も中禅寺湖も今は雨。まぁ上半身だけ雨具を着ていれば大丈夫な程度ではあるのだが、濡れた路面はやっぱり嫌だ。

 いろは坂下り。
 ゆっくり下っていたのだけど、後続でスリップ1台。うーむ、やはり雨のいろはの下りは油断ならないんだな。

 朝と同じGSで給油し、一旦今市まで降りる。
 ちょい早いけどファミレスで昼飯&ダベり会。「天気がこのままならここで解散もやむなし」となる。

 ところが、膨れた腹を抱えて外へ出ると雨は止んでいた。
 路面はハーフウェット、しかもこれから明るくなる気配もある。携帯でチェックすると雨雲も東へ流れた気配。
 「よ〜し、なら上がってみますか!」

 県道245を使って大笹牧場へと上がってみる。
 
 道は狭く、相変わらずのハーフウェット。だが雨は落ちてくることなくほどほどのペースで上りきることが出来た。そしてその牧場付近は・・・「うわーい、青空だぁ」

 ちらりと覗く青い空。霧降高原の山々も(例によって霧は出ているが)はっきりと見える。
 うきうきと牧場へ。
 この天気で休日にしては少なめのバイク駐車場。並べられた8台のVMAXはやはり人目を惹いていたようだ。


そりゃまぁこうやって並べれば


さぁ今のうちに記念撮影を!

 恒例のソフトクリームをこなし出発。この天気ならもう少し走れるでしょう。

 川治方面への下りは、半分遊んで半分ゆっくりで。
 ひゃっほうと走って鬼怒川温泉方面へ。さて、んじゃここからは予定コース通り日塩もみじラインを上がるとしましょうか。

 それっと走る。
 日向はドライ。日蔭はハーフウエット。ペースは朝同様2番目の人に合わせて。
 いきなりのスリップダウンを避けるべく、倒しこみはゆっくりと。
 「う〜、でもやっぱステップ摺るんだよな〜…」(でもマフラーは摺らないんだよな…)

 頂上の駐車場には、これまた見事な青空が広がっていた。
 わいわいと雑談。待ちに待った太陽だが、いざ照り始めると紫外線が痛い。「日蔭日蔭…」と走り回る。


晴れたどー!


でも晴れると暑いどー!

 「女心と秋の空」かどうかはわからないが、その後は西から流れてきた真っ白な霧に包まれる。
 「前が見えねぇ!」と出発。
 日塩の下りはゆっくりと。そのまま塩原温泉を抜け、千本松牧場へ着いたのは17時前。ここで解散となる。

 わいわいやりながら散っていくVMAXを見送る。
 「気をつけて帰ってねぇ、家に着くまでがツーリングだからねぇ…」(←お約束)


ここも日陰はウエットでした(笑)

 それにしてもお疲れ様でした→参加者ALL
 
 予定していたコースの1/3くらいしか走れなかったので「満腹」には程遠いけど、おやつ代わりくらいにはなったでしょうか。
 いずれリベンジ企画を立てますのでその時もよろしくです(謝)

#あ〜、スロットルワークに気を使ったせいか右手に筋肉痛がぁ〜…

 ★
 
<本日の走行距離=300km、うち集合〜解散=180km><給油回数=2回><教訓:晴れと雨では走りはもちろん気分の乗りが違います>

 <了>


 バイク紀行特別編へ戻る