☆ バイク紀行 特別編 ☆
2010 北海道 "判定" ツーリング記

<6>


名残惜しいんで載せときます(笑)
 


<2010年8月15日>
もうあとは帰るだけ
 6時起床、ホテル発は7時。
 出発前にシールドを洗う。むー大分傷が増えたな。買い換えてもいいんだが、そろそろ本体(ヘルメット)のほうも買い替え時期だしなぁ。

 朝食は2年ぶりに鱗友市場へ。
 去年同様この時間(時期?)には1店舗しか開いていないが、待つことなく入る事が出来た。
 オーダーは3色丼、旨し。

 毎度セイコーマートで船内用食料を買いこんだら、乗船まではこれまたいつもどおり公園でまったりするとしましょうか。

 朝日が眩しい公園のベンチでぼ〜っとする。
 グランディアブラックをちびちびとやっていたのだが、我慢しきれず豆パンの袋もあけてしまう。さっき丼食べたばかりなんだけど、これで今年の北海道も終わりかと思うと名残惜しくてさ…(←関連不明)

 海上を飛び回るカモメ。「いいなぁカモメは毎日休めて…」(←一生懸命生きてます)


大変ですよ、きっとね…

 9時、フェリー埠頭。
 バイクの乗船が始っていたのでさくさくと乗り込む。

 定刻10時半、出港。
 
 さらば北海道、また来る日まで。


さらばぢゃ・・・

 船内での18時間は以下略。
 名残惜しくサッポロクラシックを飲み、夕食のサラダバーでここ数日不足していた野菜分を補給し、「深海のYrr」全3巻を読了する。

 翌日朝6時、新潟港着。

 天気はしとしと雨。雨具をつけてごとごととフェリーを降りる。「ま、今日はいいや、雨でも晴れでも」
 
 合羽を脱ぐのが面倒なので、朝飯は阿賀野川SAまで我慢する。
 SA到着時には止んでいた雨。携帯で天気を確認し「もう降らないはず」と雨具を畳む。
#その通り降られませんでした

 五百川PAで小休止。エンジンオイルをチェックすると大幅に減っていた。
 一昨日のチェックではなんともなかったから小樽までの高速で減ったのだろうか?そんなに飛ばさなかったつもりだけど。
#ま、去年までに比べれば大分マシということで。

 オイルを補給し出発。
 那須高原で給油&小休止、さくさく走って自宅近くで再給油。
 自宅への到着は12時丁度になった。「う〜い、帰ったど〜」

 泥で真っ白になってしまったブーツはがしゅがしゅと水洗い
 これだけ汚れるともう「革を水で洗うのは…」とか気にしてはいられないのだ。

 セローも洗車。
 何も疲れている今やらなくてもいいのだが、今やっておかないとしばらくこのままになってしまう気がするので。

 炎天下の洗車を気力で済ませ、荷物を片付けたところで力尽きる。
 
 「ああ、エアコンって素敵・・・zzz」


お疲れ様。

<本日の走行距離=270km><給油回数=2回><教訓:一旦落ちると復活まで時間がかかります>

<総括>
勝敗はどうでしょう?
 というわけで、今年の北海道ツーリングも無事故無検挙無転倒で還ってくることができました。

 しかし、相変わらずというかなんというか、スケジュールがちょっと無茶しすぎでしたね。
 同じコースならあと2日は欲しいです。美味しそうな枝道を何本スルーしたことか(笑)
#まぁ枝道とかそれ以前の問題のような気もするけど。

 ずいぶん心配した天候も、終わってみれば結果オーライ
 
 全体的な時間でいえば、雨と晴れはほぼ半分半分といったところ。
 ですが、メインの13日と14日の林道走りがきっちり晴れたので、7:3くらいで「判定勝ち」にしてもいいんじゃないでしょうか。

 北海道の各種「先端」も南(函館)を除いてこれで制覇完了。

 さぁて、来年は何処へ行きましょうかね(笑)


あー、ホント名残惜しいぃ〜(笑)

<総走行距離=1,970km (うち北海道で1,400km)うちダート=200kmくらい?><給油回数=12回><平均燃費=34km/L>
<教訓:判定とはいえ、勝ちは勝ちですから!(笑)>

 ←PREV 


 バイク紀行特別編へ戻る