☆ バイク紀行 特別編 ☆
2010 四国ツーリング記

<2-2>


<2010年4月30日pm>
午後にやっとメインルートを
 12:00前、ファガスの森:

 食堂で昼飯にカレーをオーダーする。
 田舎風のカレーにはご飯がたっぷり。このところ小食の俺だが、今の腹具合なら余裕で完食だぜい。


パンフレットも頂きました

 
 出掛けに、記念にとステッカーも購入する。
 お釣りを渡してくれるおばさん曰く「ここしばらく良い天気が続くみたいよ、よかったねぇ」
 ええ、ホントそうですね。
 
 店舗を出てうんとひと伸び。さあ、ここからが本当の(?)剣山スーパー林道だ!

 それっと走り出す。

 相変わらず交通量はそこそこある。
 普通のオフ車はもちろん、Dトラッカー(タイヤ大丈夫か?)やトリッカー(給油大丈夫か?)、あるいはお珍しやTDR軍団(50〜80あたりまえ)と様々。いや、みんな好きなんだねぇ。
 
 そこから60kmに渡る剣山スーパー林道は、だらだら書くときりがないので画像メインで紹介っと。


剣山最高地点…だったはず
標識の文字が読めなかったんですよ


ダートとはいえ、ペースは結構上げられます


高城山レーダー基地まで伸びるレールが唐突に


「風の広場」は樫戸丸登山口の広場


自然・人工合わせて、結構な数の滝があります


これだけ道がいいとねぇ…
ま、荒れたところもありますが


対向車も多いですよ


終点近くには記念碑あり


調子に乗って走っていたら、ネットがばきばき折れました。

 14:30、ぶはぁと国道195との合流点へ到着する。

 いやー走った走った。尻が割れるほど走った。天気も最高、こりゃ良い時に来れたよなぁ。(←明日だったらもっと良かったのにね)

 そういえば、国道へ出るちょい手前から、小さなゼッケンを付けた対向車が数多く走って来ていた。
 そして同じゼッケンを付けた車両(WR)が合流点に止まっている。
 話を聞くと、この辺りで結構大きなイベントがあり、ゼッケンはその参加者らしい。ふぅん、さすがはゴールデンウィークだねぇ…
※TBI: Tour de BlueIsland というイベントらしいです。

 「ったく、林道でホコリだらけになっちまったぜぃ!」とボヤキながら(←本当は嬉しい)R195を走る。

 あ、ちょい雲が出てきたな、でもまぁ、雨が降るほどではないだろう。

 壊れてしまったキャリアネットを補修すべく、国道沿いのコメリ(ホームセンター)へと入る。
 タイラップ(結束バンド)を1袋買って補修。よしこれで明日からも大丈夫。

 ゆっくり走って高知市手前。
 「おお、路面電車が走ってら」


すぐ脇を走っていきます

 何度か見ている路面電車だが、こうして併走するとやっぱり何か変な感じがする。
 郊外では一応「線路」なのだけれど、道路との区切りが無いのが不思議だ。
 線路を横断する部分も踏切ではなく、単に段差が埋められているだけ。「見た目危なくも思えるんだけどねぇ」

 実際にはスピードが路線バス並なので怖いことはない。
 そして車両の先頭にはひらがなで「ごめん」の文字。これが実に可愛い(←土佐電鉄の「後免」線なので)

 高知市内への到着は17時。

 予約してあるビジネスホテルへバイクを進める。
 屋根下駐車場へセローを停め、ぽんぽんとシートを叩き荷物を下ろす。

 風呂入って着替えて…さて、飯だ飯。

 ホテルからほど近い商店街のアーケード。その中にある「ひろめ市場」を覗きに行く。
 最近有名になった(?)メジャースポットだけに結構な賑わいだ。入り口にある案内板をしげしげと眺めてみる。
 「ふうん、こりゃ面白いシステムだわ」

 数十軒の店舗が入っている大きなフロア。
 そのあちこちに、大きなテーブルと椅子がわんさかと置かれている。

 どうやら勝手にそこへ座って自由に飲み食いできるらしい。
 食べ物はどこの店舗のものでも大丈夫。自分で買いに行ってもいいし、頼めば持ってきてもくれるらしいのだ。(テーブルに番号が付いている)
 夕飯には少し早い時間ではあるが、既に大勢の人達(大半は地元の人と思われる)が席を埋めていた。

 面白いシステムではあるのだけれど、正直一人で飲むにはちょっと辛い
 席をキープしておいて食べ物を買ってくるのが難しいからだ。

 考えて、とある店の店内に席を取る。
 この場合、このお店のものしか食べられない(融通はききそうだったけど)のだが…「いいのよ、俺、カツオが食べられればさ」
 

 オーダーはもちろん、生ビールとカツオのタタキ。
 「ビール旨ぇ!カツオ旨ぇ!」
 


画像撮るまで我慢できませんでした→ビール

 しかしなんだろう、このタタキは。脂が乗っていてコクがあるのにまったく生臭くない。
 地元だからか獲れたてだからか…ええい!もうプラシーボだろうがなんだろうが、今旨く喰えりゃそれでいいのよ!
 

 中生3杯とカツオ2皿、箸休めの手羽先込みのお値段は、ノシャップでのウニ丼1杯と丁度同じくらいだった。

 「たっぷり走った後のビールは効くよなぁ」とふらふらホテルへ戻る。

 昨夜に比べれば寝るにはまだまだ早い時間。
 だけど今日はたっぷりと寝て、明日の走りに備えるぜよ!(←竜馬風)


だから酔ってるのに夜の市電なんか綺麗に撮れないって…

 ★
 
<本日の走行距離=290km><給油回数=1回><教訓:「行き止まりの挽歌」って栗本薫の小説があったなぁ>
 ←PREV   NEXT→ 


 バイク紀行特別編へ戻る