☆ バイク紀行 特別編 ☆
第11回VMAX_ML全国大会
&山陰ツーリング記

<4>


さぁ、帰りますか


<2009年9月22日>
最後もゆっくり海岸を
 翌日、5時起床。
 いや、早起きするつもりはなかったのだが、同室の方が早朝発だったらしく、ついでに起きてしまったのだ。
 まだまだ暗い窓の外。でもまぁ、起きてしまったのだったら出発準備を始めよう。

 ごそごそ着替えて荷物をまとめる。
 あーやっぱりダッフルバッグだと面倒で(略)

 忘れ物が無いか確認しての出発は6時過ぎ。ペアレントの方には「朝のうちに出ます」と伝えてあるので挨拶なし。
 
 坂の上にあるYHから、エンジンをかけずにMAXで下っていく。
 降りきった先、水田の真ん中でエンジン始動&暖機。さぁ栃木まで帰るぞぉ!

 行くぞと見上げる空は…あれ?ちょい変な雲が出ているな。連休中はずっと天気が良いんじゃなかったっけ?
 
 携帯で見る天気予報。なんと「午前中から降るかもよ?」の予報に変わっている。
 まぁいいか、今日は帰るだけだし。でも雨具はダッフルバッグの一番底にしまっちゃったんだよな…
 
 ま、降ったらそれまでさと「天橋立」の袂に行ってみる。

 超有名観光地である天橋立は…ははは、袂からだと単なる松林だわ。やっぱ山の上から見なきゃダメだねぇ。
 #…と言いつつ行かないのが俺の俺たる所以。


これは本当の袂、このページ先頭の画像は海沿いからの眺め。


 125cc以下ならここを渡れるみたいです。1680はダメだけど(笑)

 朝の国道178をゆっくりと走る。
 先は長いし、早めに朝飯を食べておこうか。

 手近なコンビニでルートを確認しながらの朝食。あー、やっぱ新型VMAXのダミータンク上は使えるわ(笑)


地図を広げて缶コーヒーとおにぎりとランチパックが置けることを確認。
しかも左側がまだ空いてます

 あらためて出発。早い時間のせいか国道に混雑はない。

 若狭湾岸には細い枝道も多く、なかなか面白そうではあるのだが遠慮しておくことにする。
 峠・細道の類は昨日たっぷりと走ったし、今日は素直に国道を走るとしましょう。

 国道178から175、そして27号。
 高浜・美浜あたりはまたまた原発。一昨日のことがあるから近づかない。そういえばこの辺りは原発銀座なんて呼ばれているんだよな。

 敦賀で北陸自動車道へと乗り込む。
 ここから北へ走って新潟から上信越道、もしくは磐越道廻りという鬼のルートも考えてはみたのだけれど、さすがにそこまで遊ぶ必要はないだろう(笑)
#東北組には勧められたんだけどね(笑)

 賤ケ竹SAで小休止。
 小腹が空いたので、妙に美味そうだった豚カツの太巻きを買ってみる。
 これが正解、あえていえば天ムス風の味だが、より以上の満足感があった。


これが美味かったんですよ

 南へ走って米原から名神高速
 「雨注意」の標識が出ていたが空は明るい。但し路肩には水の跡、数時間前に一雨あった気配である。

 小牧から中央道。

 小牧東IC付近、峠を越える上り坂。「嫌な雲だなぁ…」と思っていたら、前からさぁっと霧雨が降ってきた。
 路面も次第にウエットへと変わる。
 う〜んとうとう来たか、次のPAまでは…5kmの表示、よし、そのくらいなら我慢我慢。
 
 ちょいペースを上げて走り、2分でPA内へと駆け込む。と同時に雨が止む。
 見上げる前方の空は明るい。まだ少し降りそうだけど……ええい、このまま行っちゃええ!

 道は峠を越えて下り坂へ。またぽつぽつと降り出す雨。
 
 「晴れる、絶対晴れる!」と念じながら走ること数キロ、山を降りきったあたりで雨はきれいにあがってくれた。
 「ほおら、やっぱりそういうものだって」
 
 濡れてしまったのは肩口と膝下辺り。まぁこれは30分も走れば乾くだろう、それにしても…

 「あーやっぱツーリングは雨が降らないのが一番だわ」

 岡谷から長野道、そして上信越道。
 その後は雨もなく、ウエアはきれいに乾いてくれた。
 
 横川SAにて釜飯の昼飯
 
 中が混雑していたので、駐車場前のベンチで釜飯の蓋を開ける。
 ゴボウをもごもごやりながら見ていたら、後から入ってきたハーレーのお兄様方がしげしげとVMAX眺め、なにやらご歓談の様子だった。


向こうの方が派手でしたけど

 関越道、そして北関東道。

 大田でやれやれと高速を下りて国道50号。
 国道脇のGSで本日何回目かの給油。ええい!だからこぼれるから足すなとあれほど…

 佐野藤岡から北関東道(栃木側)へと乗り込み、宇都宮への到着は15時前となった。
 うひ〜走った走った。でも思ったより早く着けたな、善哉善哉。

<本日の走行距離=710km><給油回数=7回><平均燃費=14.8Km/L>
<本日の教訓=合羽は使わずに済んだというか使うのを我慢したというか…>

総括として
 今回のツーリングの総走行距離は2,200km超えだった。
 4日間で考えるとさほどの距離ではないのだけれど、8割がた往き帰りの2日間で走っていることを考えるとちょっと感慨深い。

 山陰は思っていたより(失礼)面白い場所だった。
 
 リアス式海岸が続く日本海側は走っていて楽しいし、程よく田舎でありながらいい間隔で都市部も現れる。
 不便でなく便利すぎないのはツーリングで大切な事だと思う。
※思い切り不便というのもそれなりの覚悟の上であれば面白いけど(笑)

 さてこの辺り、次は何時行けるかな?行けるといいけどなぁ…

 そしてこのツーリングで7000km弱の総走行距離となったVMAX、そろそろあちこちのメンテ・点検を始めますかね。


距離数は「TRIP2」に累計しておきました。

<4日間の走行距離=2,236km><給油回数=20回>
<教訓=やっぱりロングツーリングは楽しいわ!>
 
 ←PREV 

 バイク紀行特別編へ戻る