☆ バイク紀行 特別編 ☆
北海道ツーリング2009 "七転び八起き" 記

<4>
 

雨具のイメージが強い今回のツーリングですが、
実際に着ている時間は短かったんですよ。
(撮影:56号氏)


<2009年8月16日>
あとは帰るだけです
 7時起床。
 ホテルの窓から見上げる空は明るい。まぁいいや、雨でさえなければ。
 
 ゆっくり着替えて準備を済ませる。

 駐車場でおとなしく待っていたセローに荷物を積み込む。
 帰りの高速道路用にオイルを補充…という時に、エキパイのガードを留めているボルトが1本なくなっている事に気づく。
 「どこかで共振してるなと思っていたけどこれだったのか。帰ったらすぐ直してやるからな」


どこで飛んだんでしょう?

 まったり出発。
 いつも同様、朝飯を食べに隣友市場まで行ったのだが、3軒ある食堂のうち、なんと2軒は営業していなかった
 う〜、これも景気の影響なのかねぇ。
 
 営業している1軒はご家族連れで大賑わい。
 なら今年はあまり入れなかったし、北海道で最後の食事はセイコーマートと洒落込むか。

 フェリー埠頭近くのセイコーマートへ。
 
 朝飯用にはグランディアブラックとおにぎり。明日の朝食用にはお茶と豆パン。船内でのツマミ用にソーセージとカッパえびせんを買って…「を、ちくわパンが山積みされてるじゃないか。買っていこうっと」

 近くの公園へと移動して、ベンチでまったり朝食を摂る。あー、ちくわパンもなかなか旨いな。


静かな公園です


朝飯はこんな感じで

 定刻、フェリー乗船。

 混雑はほどほど。デッキに出て、専用ゲートからの車高低いチームの乗船を眺めてみたりする。


ロードクリアランスって大切だねぇ

 これまた定刻、出航。
 さらば北海道、また来る日まで。


船が出たぞぉ〜

 翌朝、定刻に新潟港着。

 高速道路をまったり走り、自宅への到着は11:30amとなった。「ふへ〜っ」
 
 
<本日の走行距離=300km><給油回数=2回><教訓:やっぱ高速道路は明るい方が走りやすい>

総括として
 というわけで今年の北海道ツーリングも無事終了、無事故無転倒無検挙で帰ってくることができました。

 初めて渡った礼文島
 思っていたより回るところ・見るところは多かったし、食べ物(主としてウニ)は美味かったし、出会った人たちは皆親切だったし、いや、良い島でした。

 本文中にも書きましたが、是非もう一度行きたいですね、今度はもう少し余裕を持って。
 その時は利尻島にも渡れるといいなと思ってます。

 距離を走るのではなく、ゆったりと回る北海道ツーリング。
 今年はそんな感じに回れたかな?いや、距離はともかく、時間には追われまくっていたかもしれません(笑)
#やっぱ最低中4日は欲しいなぁ、北海道は…

 「天気に恵まれた」とは言えないけれど、行く前に予想された状態、あるいは同時期に別方面を回っていた方たちと比べればラッキーといってもいい状態だったのではないでしょうか。

 落し物や忘れ物などの失敗は、その度食べ物・出会いなどでフォローされていたような気がします。

 おお、これぞまさに七転び八起き!(笑)

 ★
 
<総走行距離=約1600km(うち北海道で1000km)><総給油回数=9回(うち北海道で5回)><平均燃費=35km/L>
<教訓:来年は長い連休がとれるよう、早めに根回ししておきますか>

 ←PREV 


 バイク紀行特別編へ戻る