☆ バイク紀行 特別編 ☆
慣らし完了記念ツーリング記


いや、良い天気でした
 


<2009年6月>
某日
 
 
 「・・・くそぉ、このままでは駄目だ。やはりあの技を出すしか・・・」
 
 『やめて!あの技は封じたはずよっ!』

 『そうだ!それにあれを使ったらお前の体はっ!』

 「かまうものか!今使わずにいつ使えというんだあの技をっ!いくぞっ究極奥義!」

 

 「  平  日  休  暇ぁぁぁっ! 」

(ゴゴゴゴゴ・・・)

 

・・・というわけで、会社を休んでみる。

 5月の下旬に購入した新型VMAX
 
 時間がない時間がないと騒ぎつつ、夜にせっせと(といっても2日間だけだが)走って距離を稼ぎ、総走行距離は900kmをちょい越えた。
 
 「すぐに初回(1000km)点検に」と考えていたのだけれど、頼りの週末は見事に雨。
 仕方なく、慣らしの仕上げと初回点検、更に上の回転域の感触を試す走りをするべく、1日休暇をとってみたのだ。
#平日に休みを取るなんてユーザー車検の時くらいだなぁ・・・

 朝8時、VMAXエンジン始動。

 まずはとにかく初回点検。
 ショップには午後行くと伝えてある。それまでにもう少し4000rpm縛りで距離を稼いでみるとしようか。

 市内をとことこと走る。

 エンジンの感じはこれまでどおり。5速低回転だとちょいトルクが薄く感じる。
 いや、「薄く」というよりは「レスポンスが緩慢」かな?

 今日は天気がすこぶる良い。
 某所まで走り記念撮影。うん、これはよく撮れた、後でVMAXページのTOP画像に使うとしよう。


やっぱ天気のいいのが一番ですね

 ふと思い立ったので、某所で足つき確認画像的なものをを撮影してみる。
 身長170cm、体重70kgの中肉中背(いや、ちょい太めか?)の俺だとこんな感じに…というのもこれまた別コンテンツにて。

 あれこれやっていたらあっという間にお昼になってしまった。
 いや、遊んでる時って時間経つの早いねぇ(笑)

 昼ご飯は蕎麦をチョイス。
 以前何気に寄って美味かった店に入り、盛り蕎麦を2枚注文する。
 「うん、やっぱ蕎麦は二八だよな」
 #十割蕎麦って香りはいいけど喉ごしが…

 午後、ショップ着。

 エンジンオイルとフィルター交換、そしてディファレンシャルオイル交換、更に各種点検整備。

 あれこれ説明を受けたら…「よーし、回転数リミット上げるぞぉ」

 シフトライトの設定を6000rpmへセットしなおす。
 サスペンション関係は昨夜のうちに標準戻してある(一部除く)し、夕方まで走って、上の回転域がどうなるか試してみよう。


きちんと診てもらいました

 ★

 日光宇都宮道路からいろは坂、そして霧降高原というのは、納車時に回ったのと同じコース。

 高速(有料)道路、そして峠でどんな感触だったのかは別コンテンツにて

 あえて一つ付け加えておくとすれば、「あ〜、VMAXって面白ぇ〜っ!」
 


面白いのはわかったから早くそのアイス寄こすニャ

 栗山から龍王峡、鬼怒川温泉も前回同様のルートとなる。

 にやにやしながら鬼怒川温泉を走っていたら、唐突に燃料警告灯が点いた。
 「おいおい。まだ130kmちょいしか走ってないぜ」

 11L消費で点くはずのこのランプ。
 ということは…ここまでの燃費はもしかして12km/Lくらい?

 確かに今日は高速と峠で回しはした。
 だが6000rpm縛りだし、旧V-Maxだったらほぼいつもと同じ(16km/L程度)になるペースである。

 「むー、こりゃぁ実質的な燃費は相当覚悟しなきゃいけなさそうだな…」

 ★

 新型VMAXの燃料計(有機EL表示)は、燃料警告灯が点くと自動的にリザーブモードに切り替わる。
 警告等が点いて(残量4L)からどれくらいの距離を走ったか?をあらわす「TRIP-F」という表示に自動的に替わるのだ。
※操作は必要ない。


これは警告灯が点いてから0.4km走行ということ

 「最悪12km/Lとして4Lで48kmか、ま、楽勝楽勝…」と走る。だが。

 20km先の頼りにしていた某GSはなんと休み。その先にGSはしばらく無い。
 「うわー!結構ヤバいぞ!」

 路肩にMAXを停めて、頭の中のMAPを探る。
 いつものルートで帰ると国道まであと20km強、ガソリン残量はぎりぎりだ。

 ちょい外れて旧市街を通れば、小さなGSが2,3件あったはず。
 だがここ同様、田舎のGSは必ず営業してるとは限らない。

 悩んだが、旧市街ルートをチョイスする。
 だってガス欠してレスキュー呼ぶ時、国道でぼーっと待ってたら恥ずかしいじゃないですか(←見栄っ張り)

 幸いにして、旧市街のGSは開いていた。
 ほっとしながら給油。小さなGSだったが、店員(オーナー?)さんに「これ、新型ですね」と言われて驚く。
 むう、この手の職業の人はやっぱりバイクに興味をもっているんだなぁ

 ★

 満タンに安心して出発。
 片側2車線の国道に乗ってからは、意識してブリブリ(?)走ってみる。

 峠同様、4000縛りが解けたVMAXは水を得た魚のようだった。
 6000でシフトアップしてしまうものの、一般道では「何かを我慢している」という意識はない。
 トルクも充分…というか、4速3000あたりからぐいっと加速する感じにまたまたニヤついてしまう。
 「くっそー面白ぇな。こりゃガスも食うわけだわ」

 ★

 帰宅後、改めて給油。

 結局、今日の平均燃費は12.7km/Lだった。

 6000リミッタを解除したら、更に燃費は悪化するんだろうか?

#それともこの上の回転数を使うのはごくわずかだから変わらないかな?

<本日の走行距離=約240km><本日の教訓=金精峠の先まで行ってGS休みだったらどうしよう…>

 バイク紀行特別編へ戻る