☆ バイク紀行 特別編 ☆
宇都宮餃子オフ 5th 記



<2004年7月下旬>
毎年の事ですが

 明け方まで降っていた雨が、天気予報どおりきっちりとあがった7月の早朝。
 路面はまだ濡れているものの太陽からの紫外線は既に強い。う〜むよしよし、そうこなくては。

 今日は年に一度の餃子オフ

 栃木の峠を走って餃子を食おうという例の企画である。
#今年で5回目、よく続いてるよなぁ・・・

 隼のアイドリング中に持ち物を指差し確認。雨具とデジカメと…mpegカメラも忘れずにっと。

 国道へ出ると路面は既に乾いていた。3連休のせいか交通量は比較的多い。
 北へと向かう家族連れのワゴン車。中から手を振ってくる子供達に、メッシュグローブの左手で作った「グワシ」を返しながらのんびり走る。(←歳がバレるぞ)

 20分程で集合場所へと到着。集合の1時間前とあってさすがにまだ誰も到着していない。

 駐車場で一人カメラテストを開始する。
 ファインダーに映る空は雲がちょいとあるがなかなかの青空。やはり今日は暑くなりそうだ。

 今日はこのmpegカメラでいろいろと撮影する予定。撮れたらインチキな編集もしてみたい。いったいどんな映像に仕上がるのか、今から実に楽しみだ。

 集合時間の30分前あたりから参加者が集まり始める。
 今回は常連連中に加えて、HPで参加表明してくれたお初の方々も多数。いや、ありがたいことですな。

 
総勢20台・・・の一部です。

 定刻。
 途中から参加予定の方と若干名の遅刻者、それに集合場所まで辿り着くことなく息絶えた某バイクのオーナーを除き、20名程の参加者が揃う。
 
 「え〜本日はお日柄も良く…ま、堅苦しい事は抜きにしていきましょう」(笑)

 それではと全員で走り出す。

 コースは一昨年とほぼ同じ。
 水田の中をのほほんと通るあぜ道は空いているものの、さすがに20台後方までは確認できない。
 フォローに回ってくれた常連諸氏、どうかよろしく〜(←人任せかよっ!)

 他に車の通らない、しかし整備された田舎道に入ったところで、いよいよ動画撮影を開始する。

 先頭からのバックショットで、追い越ししてもらいながらのご挨拶画像。さて、うまく撮れているのかどうか…

 
なんとか撮れてました。

 栃木県民の森経由で県道を西へ。

 新緑の峠道を快走したあとは、雨上がりで砂が浮きまくりの細い林道を駆け下りる。
 気持ち良いけど怖〜、しかししっかりと付いてくる女性陣はさすがである。

 龍王峡での休憩も一昨年どおり。
 ここから参加のichigi&miyu氏とどもどもとご挨拶。


こうしてみると結構な台数ですなぁ

 水分をたっぷりと補給したら、メインのSS「日塩もみじライン」を上るとしよう。

 いつもなら先頭で皆を引っ張らねばならない俺だが、今日は一旦最後尾へと下がる。
 mpegカメラはカウル横へと移動。ふっふっふ、今度は後ろから皆さんの走りを撮らせて頂くとしましょうか。

 追いかけながらの画像撮影。カメラが気になってペースが上がらないのは前に来た時と同様である。


まぁあまり慌てずに(笑)

 
 うひょうひょ言いながら走る。
 いつもよりちょいと交通量が多く「貸切走行」というわけにはいかなかったが、ま、これだけ走れりゃ充分でしょ。

 お馴染み「白滝」駐車場で休憩。
 さて、ここで目玉の2つ目、「走行写真撮影」と行きましょうか。

 撮影係をかってでてくれたsalmonさんによる撮影会が開始される。
#1台ずつの撮影は…実はトラブルで写ってませんでした…

 わいわいやっている最中、山の上からさぁっと霧雨が降りてくる。
 通り雨には間違いないが、ここで濡れるのはちょいと悔しい。んじゃそろそろ出発を…あれ、博さんどうしたの?

 RS(レッツサマー号)のエンジンがかからない、というかかけられない様子だ。
 どうやらイモビライザーの故障らしい、緊急リセットの手順って面倒くさいんだねぇ…


恐るべしレッツサマー号…って、確か以前も言ったなぁ?

 10分の試行錯誤の末、なんとかエンジンの始動に成功。無事出発となる。

 もみじライン出口料金所で止まっていたら、後ろからYZF-R6が追いついてきた。遅刻のひら蔵氏、いや、お昼前に追いついてよかったですねぇ。

 「23台分ね」と言われ、料金所のおじさんが戸惑うのも一昨年同様。

 まったり山を降り、国道を福島方面へ。
 お昼はこれまた一昨年と同じ蕎麦屋で一升蕎麦をかっ食らうのだ(笑)

 7升の蕎麦と大皿4枚のテンプラ盛りが23の胃の中へと消えていく。
 不思議だよなぁ、これだけ食べても3時間後には餃子が入るんだもんなぁ…


量は充分だったんでしょうか?

 確実にパワーウェイトレシオの落ちた23台のバイクがまたまた山を登る。

 次のSSは矢板への林道だ。
 初めの「整備されている部分」ではカメラ片手(じゃないけど)にまたまた皆さんを追いかける。ううむ、さすがに最後尾からトップ集団に追いつくことはできませんな・・・

 狭くなった道をまったりと走り、「例のトンネル」を潜り抜け(今年はドライ路面なので平気だった)県民の森入り口へ。
 ここで隊列を整えなおす。


あ〜、走った走った

 県民の森経由コンビニ停車も一昨年同様。

 バイクに給油、人間には給水。あ〜、下界は暑いのぉ

 宇都宮までのまったり走行もいつもの話。きんやさん、にょろさんに中盤と最後尾を守ってもらい、千鳥で走る。
 今日は市内でお祭りと聞いていたので心配していたのだが、混雑・駐車場とも問題なし。

 移転したおなじみ「きらっせ」で餃子。
 昼からたった3時間でこれだけの量の餃子が…(以下略)

 今回は何故かいつもよりまったりとしてしまう。
 遠距離からの遠征組みが皆泊まりできているので、あわてて解散する必要がないからだろうか?(若干2名本日帰宅)

 
お疲れ様でした〜

 いつもより2時間遅れの19:00

 現像に出した店の前で、今日撮った写真がまったく写っていなかった事に愕然とするsalmonさんを含め、解散となる。

 「気をつけて帰ってくださいね、家に着くまでがツーリングですから」

 今日は夕立もなし、俺も慌てずゆっくりと帰宅を…いかん、このままでは泊まり組による「餃子オフ・夜の部」の集合時間に間に合わん・・・
 


 バイク紀行へ戻る