☆ バイク紀行 特別編 ☆
モトパラダイス関東大会参加記


「試乗じゃあ」「キャンプじゃあ」「宴会じゃあ」
久しぶりの「その手」のイベントでした。


<1998年9月上旬のある日>

出発・・・は四輪

 群馬県は丸沼高原スキー場で行われる<「第5回モトパラダイス関東大会」に参加>する。
 これは「交通安全と健全なモータースポーツ云々・・・」というお題目の付いたイベントであるが、「要するにバイクでキャンプして大騒ぎするんだろ」と勝手に解釈。主催者さんごめんなさい。

 当日朝、前日までねばったV−Maxはやはり直らず。「まあ仕方あるまい」と四輪車に荷物を積み込む。酒を満載したクーラーボックスに調理器具、ついでにガレージで使ってる木製テーブルも持ちこんでっと。この辺は車で行くメリットだな。荷物の量を気にしなくてすむのがありがたい。
 今日は13:00に現地で待ち合わせなのでゆっくり出発すれば良いのだがなにせ四輪車、いろは坂あたりが混むと身動きがとれないんで、ちょっと早めに出発。 宇都宮から今市市、そして日光市へ抜ける。順調だ。いろは坂も「ちょい混み」位で問題なし。金精峠もガラガラ、あっという間に現地、丸沼高原へ到着する。おいおいまだ12:00だぞ。
 受付は13:00から、さすがに参加者の姿はまだ少ない。駐車場に車を停めて付近をうろついてみる。ショップのテントは既にあちこちでオープンしているようだ。お、有料だけどパワーチェックしてくれるテントもあるぞ。丁度チェックを始めたZRXの様子を見学。 さすがオーバーリッター、しっかり固定されているとはいえ、フルパワー掛けると音も振動も迫力あるなあ・・・

 待ち合わせ時刻の10分前に博さん登場。神奈川から遠路はるばるご苦労様でした。13:00丁度に林道無宿さん到着。いつものとおり、既にあちこちを回ってきたらしい。偶然にも2人ともTTR−Raid、あ〜俺もバイクで来たかったよお・・・

 早速受け付けを済ませ、車で会場内に入る。スキー場のゲレンデ脇の舗装路を登ってまずはテントサイトへ。まだ参加者が少ないんで場所は選びたい放題だ。当然中央の平地をキープ、鹿の糞が多いなあ、気を付けながらテントを設営する。
 テントを張りながら、お約束のキャンプ用品自慢。今回自分の目玉は3,980円で買ったエアーマット。小さく畳めて安眠を約束する一品、林道無宿さんは4足の折り畳み椅子、3本足のは見た事あるけど4本足ってのは初めてだ。博さんは前室の大きさが魅力のテント、煮炊きOKらしい、羨ましいなあ。

 14:00を過ぎると参加者の姿も増えてくる、博さんはお得意の「お一人ですか?」攻撃を開始。一人で来ている人に声を掛け、仲間に引き込もうという作戦だ。これに引っかかった(笑)のは、新潟から来たXL氏と宇都宮から来たBAJA氏、それにCB氏の3人だ。 3人のテントも近くに張ってテーブルの回りで雑談。持ってきてよかったなあ>テーブル。

テント1
テントサイトはまだ空いてる

待ってましたの試乗会

 15:00からはお待ちかねの試乗会だ。
 今回のイベントの目玉の一つで、今日はオン車の試乗会。4メーカーのバイクが乗り比べられる。ふふ、これの為にヘルメットとウエアを持参したんだもんね。
 車はそのままにメットを被って博さんのRaidにタンデムさせてもらって試乗会場へ。会場は駐車場の一角をクローズドにして、パイロンでコースが作ってある。ジムカーナみたいだなあ、大排気量車での小さいターンは苦手なんだが>自分(単に下手糞という噂も・・・)
 申し込みを済ませて試乗開始。一度に走るのは12,3台。皆で連なってインストラクタの後ろを一列で走るようだ。でも結構良いペースだぞ、ステップ摺ってる人もいるし。(爆)。

 せっかくなんで、以下は車種別インプレ(もどき)。当然私見ですので苦情は一切受け付けません!(笑)


★XJR1300★
 しかし静かだなあ、このバイク。トルクは当然充分すぎるほどだが、その出方は非常にスムーズ。
 ほぼ2速キープで走るが、アイドリング+αからの回転数でもきれいに加速していく。ハンドルがちょっと絞り気味なのは気に入らないので要交換かな(笑)
 S字の切り替えしの時切り込むのは固体差かなあ?でも車体は高級感一杯で良いぞ。

★CB1300★
 でかぁ!跨るとタンクのボリュームがすごい。でもハンドリングは軽いや、この辺がホンダかなあ?(笑)
 トルクも文句なし。っていうかこのコース設定じゃ判断不能、でも癖が無くて乗りやすいバイクだ、あ、それが癖だったり して(笑)
 ポジションも良いし、高級感に文句があるはずはない。スロットルケーブルが緩んでいたのがちょっと残念。

★イナズマ1200★
 実は最初間違ってイナズマ400に乗り「馬力ねぇ〜」と大騒ぎする。(だって車格が同じだし(爆))1200の方はハイパワーでした(笑)
 エンジン音はもろ「スズキ車」。スズキ党の俺が乗ると「お〜これこれ」って感じ(笑)。クイックなハンドリングはこのコースにぴったりで気持ち良く回れる。自分の乗り方に合っているのかなあ?
 GSF1200にも乗る林道無宿さん曰く「エンジン回すとGSFともよく似ている」 とのこと、うむ、やっぱりスズキ車だねえ。

★ZRX1100★
 こちらもカワサキ車の音がする。「ズモー」という独特の音。前にちょっと借りたGPZ(900)に似ているなあ。エンジンのざらざらした感じも良く似ている。ポジションは一番自分の好み。スタイルも格好良いしね。

★VFR800★
 このバイクだけちょっと傾向が他と違うけど(笑)
 意外にも実に良く曲がる。クリップオンハンドル、カウル付きなのにフロントが重い気がしない。腰をしっかり引いて乗ると楽。もしタイム測ってたら一番速かったかも。
 排気量は小さい(笑)けどこの辺のクラスになると(自分の腕では)もう関係ないしね。コース上ではRGVガンマに乗っていた頃を思い出し、楽しく走り回る。

★その他★
 間違って乗った(笑)イナズマ400、クラッチトラブルで乗れなかったゼファーRS、4本マフラーが勇ましかったCB400、大人気で順番が回ってこなかったDトラッカーなどなど。アメリカンもあったけどステップバリバリ摺ってたなあ、恐い恐い(笑)


試乗会1
スタート前

試乗会2
寝てないなぁ・・・バイク

 用意された時間は2時間、早めに申し込んだのと他の参加者が遠慮がちだったんで、遠慮しらずの我々は次々と乗り倒す。 こんな機会なかなかないもんね。試乗車のせいか固体差があったけどそれは仕方ないところ。
 う〜ん、しかし最新鋭マシンはやっぱすごいわ。みんな乗りやすいし、速いし、それに結構楽だし。 まあ自分のV−Maxに比べるとちょっと面白味に欠けるんで(おいおい(笑))買い換える気はないけれど、一台くれるって言うのなら(おいおいおい(笑))・・・VFRかXJRかなあ、高級感は魅力だよね。
 仲間内で勝手にわいわいやっているうちに試乗会は終了。そうだ、一台も転倒者がいなかったなあ、感心感心。
さあ、宴会!

 テントサイトまで戻って雑談しているとぞくぞくと人が集まって来た。4駆に乗った家族連れもいるけど90%はバイク、 ゴールドウイングのサイドカーやらハーレーのFLHやら。モンキー&ゴリラに荷物満載とか、NSRにデイパック背負った奴、新旧大小なんでもありって感じだ。これ見てるだけでも飽きないなあ。
 空いていたテントサイトもいつのまにかカラフルなバイク&テントでいっぱい。早めに場所を確保したのは正解のようだ。そうこうしているうちに周囲は次第に夕方の気配となってくる。 今日は「曇り時々晴れ」くらいの天気だったんで日が暮れるのも速く感じられるなあ。まあ山の上だしね。

 夕刻、クラブハウスへ行って夕食のおにぎりと豚汁(参加賞に引換券が付いている)を受け取ってくる。「おにぎりがあるよ」って言ってるのに博さんはご飯炊き始めてるし(笑)
 さあ、夕食といえば酒だ!クーラーボックスからビールを取り出して乾杯!
 ん〜!冷えたビールに勝るものなし!
 ビールをやっつけた後は博さん持参のワインと自分が持っていったバーボン。 XL氏はデカいスルメを3枚取り出す「何故こんなものが・・・」得意気な本人以外が首をひねる中、とりあえずストーブで炙って食う。美味美味。
 やきとりの缶詰めが出てくる。アンチョビも出てくる。チーズも出てくる。ソーセージは焼くのと茹でるのと。宴会じゃあ宴会じゃあ。聞けばXL氏は我々(自分と林道無宿さん)と同年齢、「おおっそうかそうか」と昔のバイク話に花が咲く。「スペンサーは速かった」「マモラと記念写真撮った事がある」「タイラ乗りは格好良かった」ウンチーニの話までくると、他の若い3人はさすがに付いてこられないわな・・・

 20:00前からはステージでイベントが始まる。ミニコンサート(アンルイスの唄ばっかりだったけど)の後のビンゴゲームは成果なし!斜め前に座った男性はカドヤの皮ジャンパーを当てて御満悦。羨ましいぞお。
 最後はお待ちかねの抽選会。なんとバイクが4台(250スクーター3台+1台)当たるのだ!「あ、俺はスーパーシェルパでいいや」勝手なことを言い合う我々に当たるはずもなく抽選会は終了。う〜む、5才の女の子にマジェスティ当たったけど乗れるのだろうか?(爆)

 テントへ戻って宴会再開。馬鹿話で盛り上がる。ワインとバーボンがほぼ空いた頃、ぽつぽつと雨の気配。「んじゃそろそろ・・・」って話して各自のテントへ戻ったのは・・・何時だか覚えてないや(爆)
 テントへ入るとすぐ雨足が強くなる、正解正解。酔いもあってあっという間に睡魔が襲う。おやすみなさい。

宴会1
プライバシー保護の為
モザイク処理してあります(笑)

宴会2
酔っ払ってたからボケボケ(笑)

朝もはよから

 翌日、外が白くなって目が覚める。時計を見ると「ごごごごっご5時?」(爆)
 熟睡したせいか眠気は残っていない。そぉ〜っと外へ出ると、霧はかかっているが雨は降っていないようだ、今日も昨日と同じような天気だろう。
 トイレで用を済ませ、雨で濡れたテーブルの脇へ椅子を引っ張り出してきて座る。さすがにまだ誰も起きてくる気配はないな、コーヒーでも沸かそうか。
 お湯を沸かしてコーヒーを入れる。山は霧、朝日もうっすらと照り出してくる。おおっ、なかなか良い雰囲気だぞ。 ぼ〜っと山を見ていると林道無宿さんが起き出して来た。どもどもとコーヒーを薦める。
 博さん、XL氏、CB氏と順にテントから出てきて朝のお茶タイム。そのままなし崩し的に朝ご飯となる
 朝食は各自バラバラ、昨日のおにぎりも残ってるけど自分は冷凍ピラフを炒める。見れば林道無宿さんもなにやら冷凍食品と格闘中。博さんは夕べ炊いたご飯の残りをほおばってるし、XL氏は味噌汁飲んでるし。
 満腹の後、一休みしたら出発準備。宴会の名残を片付けテントを畳む。まだBAJA氏が起きてこないけど大丈夫かな?
(出発直前に起きてこられました。それでもまだ8:00頃、普段なら早起きの部類だよなあ)

 2日目のオフ車試乗会に参加するのは自分と林道無宿さんだけ。 他の人達とは再会を約束して別れる。インターネット見られるって言ってたXLさん、大丈夫かなあ?見られてたら掲示板にでも書き込みして下さいね。

翌朝
霧の朝

今日はオフ車だよ

 さて、そのオフロード車の試乗会。 昨日の試乗会とは違い林道を使用しての試乗会のようだ。
(1車種限定で乗り比べはできない様子)
 まずは申し込み。オフロード初心者の自分は用紙に大きく「初」と書いてもらい(笑)初心者コースを選ぶ、林道無宿さんは上級者コースへ。
 250ccメインの試乗車種は悩んだんだけど・・・CRMとかの2ストは恐いんでパス(笑)。セローはいつでも乗れそうだし、DRも知り合いが乗ってるし、ここはSL230に決定!マイナー(?)だけど乗りやすいって聞くしね。
 普段Raidに乗る林道無宿さんはDRを選ぶ。やっぱりスズキ党なのか?(笑)
 申し込みが終わり、現場へ向かう。到着するとDRはGPS仕様車だった。液晶ディスプレイが迫力。こういうの結構好きだなあ>自分

 おとなしく順番を待つ。係のおじさんが陽気で自分がオフ初めてだと言うと「恐いぞお」「崖落ちると助からないぞぉ」「服どろどろになるぞぉ」 と脅す(笑)俺は泣き虫の子供かっっっっっっ!(笑)
 乗ってみるとSL230はシートが低い。他のオフ車だと片足爪先がやっとの自分でもべったり両足がつく。これは選んで正解だったかも。
 初心者コースは3人+インストラクター2人でスタート。道は舗装路から砂利、そして本格的(に見えた)な林道の上りへと変わる。昨日夜の雨で路面はマディ、岩がごろごろしたガレ場も多い。最初はおっかなびっくり走っていたが・・・「おおっ行ける行ける」
 オンロード車だと思わず固まってしまうようなギャップも楽々越えられる。フロントもリアも結構滑るけど平気だ。タイトなターンも見よう見まねのリーンアウトだとくるっと回れる。こりゃあ面白いや。
 スタンディングしてみたり、わざと穴に落ちてみたり、石に乗ってみたり。初心者クラスってことでペースがゆっくりなんで、前のバイクの泥はねを避けながらいろいろ遊ぶ。
 林道を5分ほど上るとUターン、他のバイクは苦労してたけど、自分のSLは足が付くんでUターンもスムーズだ。
 下りはまた違った面白さがある。上りのつもりでブレーキかけるとリアがすぐロックするんで、体重を後ろに移して下って行く。 あっという間に元の駐車場へ。試乗時間は15分弱かな?泥はスニーカーとGパンのスソにかかった程度だ。

 先に帰っていたらしい林道無宿さん曰く「占有林道なんで対向車気にせず飛ばせたのが一番嬉しかった」とのこと。 林道の幅は車1台がやっと。そうかあ、普通は対向車の心配しながら走らなきゃいけないんだよねえ(忘れていた奴)
 ジュースを飲みながらちょっと一息、林道無宿さんからオフローダーのホレホレ攻撃(買うと面白いぞお、乗ると面白いぞお)を受ける。
 どうしよ?本気で250の4ストで安いの探してみようか?(爆)

無事帰着。

 これだけ遊んでも時刻はまだ朝の10:00
 すごいなあと笑いながら、群馬を回って帰る林道無宿さんと別れる。
 自分は日光経由で宇都宮へ、帰りも順調、日曜日だってえのになんで空いているんだろう?
 途中で食事して帰宅は14:00、雨に濡れたテントを干して、キャンプサイト走ってどろどろになった車をざっと流して、食器類をもう一度洗ってっと。さて、お昼寝しよ・・・

 いやあ遊んだ遊んだ、こんなに遊んで良いのかってほど遊びましたね>ここ2日
 いいなあ、こういうイベント。次は10月10日のシンヤディ?さて、どうしよう・・・

<本日の走行距離=車だったし・・・><本日の教訓=オフ車も良いなあ>


 バイク紀行へ戻る